FANDOM


八月はエロスの匂い』(はちがつはえろすのにおい)は、1972年に公開された藤田敏八監督の日本映画エロスの誘惑エロスは甘き香りと共に、藤田監督のエロス三部作と呼ばれる。日活株式会社、カラー作品/上映時間73分。

女は如何にして欲情するか、その不条理なエロスの世界が、八月のうだるような暑さを背景に描かれる。

あらすじ編集

デパートの宝石売り場に勤務する中原圭子(川村真樹)は、ある日ハサミを凶器にした年下の青年(むささび童子)に、一瞬のうちに売上金を奪われ、手に傷を受けてしまうが、鮮烈な印象をおぼえる。デパート内では同僚たちから白い目で見られ、圭子はその言いようのない気持ちを元高校教師である恋人・芝木(永井鷹男)や、自分をかばってくれた売り場の主任にぶつけるが、いずれも満たされない。数日後、友人カップル(片桐夕子白井権八)と、とあるカフェテラスへ入ったときに、偶然にも犯人の青年と再会する…。

スタッフ編集

キャスト編集

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は八月はエロスの匂いにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki