FANDOM


北陸代理戦争(ほくりくだいりせんそう)は1977年東映製作したヤクザ映画。1977年2月26日封切。98分。英語版タイトル"Proxy War in Hokuriku"。併映『ピラニア軍団 ダボシャツの天』(監督山下耕作)。

仁義なき戦い』から始まる深作欣二監督による実録映画路線の最終作。福井、敦賀、輪島、金沢を舞台に、関西・名古屋を巻き込んだ地元ヤクザの抗争を描く。残虐さと救いのなさは一連の作品でも異彩を放つ。ラストの「俗に北陸三県の気質を称して越中強盗、加賀乞食、越前詐欺師と言うが、この三者に共通しているのは生きるためにはなりふり構わず、手段を選ばぬ特有のしぶとさである」とのナレーションも印象的である。

概要編集

当初は、仁義なき戦いの外伝的位置づけの『新・仁義なき戦い』(深作新シリーズ)の一編として制作が予定されていたが、同シリーズで主演した菅原文太が出演できなくなったため、別作品として制作・公開された。深作は「路線そのものを大きく変えなければならない」と、以後は実録ヤクザ映画路線に終止符を打ち、時代劇『柳生一族の陰謀』(1978年)、SFスペクタクル『復活の日』(1980年)などに路線変更する。

あらすじ編集

福井市の富安組組長若頭・川田は組長・安本が競艇場利権を譲渡する約束を破ったため、安本をリンチ。おびえた安本が弟分・万谷を介して大阪浅田組・金井に相談したため、金井は手打ちの仲介名目で北陸進出にのり出すことになる。

エピソード編集

  • 昭和52年(1977年)4月13日午後1時5分、本作品の主人公のモデルとなった三代目山口組菅谷組川内組川内弘組長が、三国事件で射殺された。深作が実録路線から撤退したのは、映画封切り後すぐに発生した三国事件のためともみられている。なお、深作は撮影後に川内から手紙を受け取っている。
  • 竹井役は渡瀬恒彦が演じていたが、撮影中に雪中での自動車事故に遭い重傷を負ったため、急きょ伊吹吾郎に差しかわった。既に映画館で上映していた予告編では渡瀬の出演するシーンがある。
  • 菅原文太が出演しなかったことについて、深作は「彼も飽き飽きしていたんじゃないですか」(「映画監督深作欣二」ワイズ出版)と分析している。

スタッフ 編集

キャスト 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は北陸代理戦争にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki