FANDOM


千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし)は、宮崎駿監督によるスタジオジブリ長編アニメーション映画である。2001年7月20日日本公開。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ編集

小学4年生10歳の少女、荻野千尋(おぎの ちひろ)はごく普通の女の子。夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルの入り口を見つける。入り口を見て嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」と縋るが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまった。仕方なく後を追いかける千尋。

出口を出た先に広がっていたのは、広大な草原の丘だった。地平線の向こうには冷たい青空が広がり、地面には日本の古い家が埋まっていて瓦屋根が並んでいる。先へ進むと、誰もいないひっそりとした町があり、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。匂いをたどり両親は店を見つけ、そこに並ぶ見たこともない料理を食べ始めてしまう。すると両親はそれらの料理が神々の食物であったために呪いを掛けられになってしまい、一人残された千尋はこの世界で出会った謎の少年ハクの助けで、両親を助けだそうと決心する。

千尋は八百万の神々が集う湯屋・「油屋」の経営者、湯婆婆に雇用を願い出る。すると湯婆婆は千尋の名前を奪い、「千」という新しい名を与えた。千尋は油屋の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、ハクや同僚のリン、釜爺らの助けを借りて、懸命に立ち向かい成長していく。

この作品は芸術性において宮崎駿の才能が最高潮に達した作品のひとつであるともいえる。

登場人物編集

荻野千尋 (おぎの ちひろ) / 千 (せん)
主人公。小学4年生で10歳の平凡な少女。神の食物に手を付け、にされてしまった両親を人間に戻し、元の世界に帰るために湯屋で働くことになる。以前は家の手伝いなどしたことも無いため家事の手際は悪く、我侭ですぐにむくれる、そのくせ一人になると不安になって何をしていいかも迷う性格だったが、不思議な町での体験を通して、逞しく成長する。
ハク
湯屋で働いている謎の少年。湯屋の帳場を預かっており、湯婆婆の弟子でもある。作中初めて千尋と会った時から何かと彼女の力になってくれた恩人で、千尋を小さい頃から知っていたという。千尋と人間の世界での何らかの繋がりがあったことを仄めかしていたが、実は千尋が以前住んでいた家の側を流れていた小川を司る神だったことが明かされる。その正体は人間ではなく、白い龍に変身することが出来る。本名『ニギハヤミコハクヌシ(饒速水琥珀主)』。
湯婆婆 (ゆばーば)
湯屋「油屋」の経営者で正体不明の老魔女。大柄だが顔も大きく二頭身で、強力な魔力と強欲で湯屋を切り盛りしている。何でもずけずけと口やかましく、脅かしたり怒鳴り散らしたりと部下をアゴでこき使うが、客に対しては腰が低く、また巨大赤ん坊の「坊」を溺愛している。人間の世界から迷い込んできた千尋を湯屋に勤めさせ、名前を奪って「千」と呼ぶ。湯バードというカラスを従えている。千尋に湯屋を辞める条件として、10頭の豚の中から両親を探す、という試験を出すが、千尋が見事に合格したため、しぶしぶ湯屋を出る許可を出す。
釜爺 (かまじい)
湯屋「油屋」の釜場でボイラーを担当している老人。クモのような姿で、6本の手を自在に操り、「油屋」で使われる湯を沸かし、薬湯の薬を調合する仕事をしている。ちなみに顔は「ラピュタ」のじっちゃんとそっくりである。千尋を気遣い、リンに湯婆婆の所へ連れてくように言う。最初に千尋と会った時は「ただの人間」が迷い込んできたことに流石に驚いたようだったが、すぐに協力してくれるようになった。部下に石炭を運ぶススワタリがいる。
銭婆婆 (ぜにーば)
湯婆婆の双子の姉。姿形はそっくりだが、以前から湯婆婆とは確執がある。強力な魔力を持つほか、言葉使いなどは湯婆婆と同じだが性格が違い、など無生物に魔力を吹き込んで使役しながら穏やかな暮らしをしている。今は“沼の底”という寂しい片田舎で一人暮らしをしている。坊と湯バードをネズミ、ハエドリに変える等もしている。基本的に魔法を多用するより、手作業を好んでいるようである。
カオナシ(仮面男)
姿は黒い物体にお面をつけたような存在。か細い声を搾り出すだけで言葉は話せず表情も無い。人間の世界でもなく、湯屋がある世界でもない、また別の世界からやってきたらしい謎の存在。己を持たず、手からどんなものでも出す力を持つが、それはただの土くれが化けているものに過ぎない。また、他人を呑み込んでその声を借りてでしかコミュニケーションが取れない。主に、手から金などの人の欲しがるものを出し、それを欲した瞬間にその人を飲み込んでしまうのが手口。橋の欄干で千尋を見かけた時から執拗に彼女を求めるようになる。その正体は人間の心に潜む孤独や寂しさの神らしい。そのパワーは強大で、湯婆婆の魔法すらはじいてしまう。飲み込みすぎたせいで巨大化するが、千尋に薬を飲まされたことで、飲み込んだものを全て吐き出し、元のサイズに戻る。その後、千尋について銭婆婆の所に行き、そのまま銭婆婆の所に留まることになる。

フィルム・コミック千と千尋の神隠し2には「仮面男」とカオナシの事は書かれている。

リン
湯屋で働いている娘。年齢は14歳。その素性も過去の経歴も、なぜ不思議な世界に迷い込んで湯屋で働くようになったのかも、一切語られておらず、不明である。口調は荒っぽいが性格はサッパリとしており、湯屋の先輩として千尋に色々と仕事を教えて面倒を見るという優しさも見せる。イモリの黒焼きが大好き。
湯婆婆の子。赤い腹掛けをした巨大な赤ちゃん。父親は不明。金太郎のような姿で、性格はわがまま。ぐずると泣き声だけで部屋中を破壊するほどで、癇癪を起こすと訳も分からず暴れてしまう。歯は生えている。湯婆婆の偏執的な愛情の元で育つが、彼女の所為で外に出ることを異常なまでに恐れていた。千尋と出会い、初めて外界の空気を吸ったことにより、性格的に一回り成長する。
荻野明夫 (おぎの あきお)
千尋の父親。38歳。建築会社に勤めるサラリーマンで、それなりの役職であることが持ち物や愛車(アウディ)からしのばれる。目元のあたりが娘の千尋によく似ている。性格は非常に豪快で楽天的、くわえてワンマンで人の意見を聞かず、反面子供っぽい意地っ張りなところも。引っ越しの時も道をよく確認しないままどんどん進んでしまい、いつの間にか不思議の町に迷い込んでも面白がって進み続ける。そして、町のレストランに迷い込んだ時、勝手に食事に手をつけてしまい豚の姿に変えられてしまう。
荻野悠子 (おぎの ゆうこ)
千尋の母親。35歳。スタイルも整った美人だが少し派手め。性格は快活明朗で社交的なようだが、やや子供っぽい夫を微妙に尻に敷いている所もある。不思議の町に迷い込んだ時、勝手に食事に手をつけてしまい、夫と一緒に豚の姿に変えられてしまう。
父役、兄役、番台蛙
それぞれ油屋で働く者達と湯婆婆との間の中間管理職的役割を担っている。いずれもの化身。それぞれ典型的な上に諂い下に威張るキャラクターとして描かれている。下の者を見下す傾向があり、特に人間を毛嫌いしている。ゆえに千尋に対しては部下だから仕方なく接しているところもある。
青蛙
湯屋で下働きの仕事をしているカエル。金に目がないが、憎めない性格。
※蛙(男衆)と蛞蝓(女衆)と蛇は三すくみの関係にある。
神々
油屋へ来る神々は、日本固有の八百万の神という考え方に則り、様々な形体をしている。作中でも大根(おしら様)や春日大社(春日様)、魚介類牛鬼タマゴのまま生まれてこられなかったひよこ(オオトリ様)、なまはげ(おなま様)等々の神をイメージし、擬人化のような形でデザインされている。
ススワタリ(まっくろくろすけ)
イガ栗のような形をした黒い実体。ジブリ作品『となりのトトロ』にも登場する。が、こちらには足が生えている。魔法の力でから生まれたらしく、常に働いていないと死んでしまうが、潰れて煤に戻ってもいつのまにか煤から生まれてくるらしい。石炭を抱えて運び、に放り込むのが仕事。

舞台編集

ファイル:Chiufen001.jpg

湯婆婆が経営する、八百万の神が体を休める温泉旅館である。油屋としての施設はボイラーエレベーターなど、近代的な施設が極彩色の純日本的な建築とミックスされたデザインとなっている。最下層にボイラー機械室、その上に従業員用のスペースがあり、湯婆婆とハク、釜爺以外の従業員達はそこで寝泊りする。ここまでは神々の出入りする正面からは見えない地下と地上階の崖側に配置されており、油屋正面とそれらの上階が油屋の営業スペースとなっている。中に大きな吹き抜けがあり、下には様々な種類の風呂が配置され、その上を取り囲むように宴会場や客室が配置されている。さらにそれらの上には湯婆婆の個人宅がありその部分だけ洋風の建築様式となっている。

千尋たちが最初に迷い込んだ時計台のような建物から暫くはいくつかの廃墟のあるなだらかな丘が続くが、その後小川(河)を渡ったあたりから湯屋に付随する食堂街となる。その河は昼には小川であるが、夜になり神々が訪れる時間となると船が行き交う巨大な河となる。食堂街を抜けると橋があり湯屋の正面入り口へと繋がる。食堂街の周りに養豚場や冷凍室、花園などが配置され町全体で油屋と食堂を運営するようになっている。ちょうど河の反対側は絶壁となっており、その下は広大な平原が広がっていて雨が降ると海になる。油屋だけで独立した絶壁の上に聳えるように建っており、レストラン街や養豚場等の周辺施設は別の崖の上に配置されている。また、油屋ともう一つの崖とは橋で繋がっており、橋の下を海原電鉄が走っている。単線の一方通行で逆向きには列車が走っておらず、専ら行きっぱなしである。

モデルとなった場所 編集

油屋は「色々な温泉が入っていて特定のモデルはない」とされていて、道後温泉本館渋温泉金具屋、湯原温泉油屋、江戸東京たてもの園の建物を参考に描かれている。油屋の名前は日本の各地にある普遍的な屋号であるが、一番信憑性が高いのは出雲国安来湊にあった油屋宗右衛門の屋敷ということである。スタジオジブリの作品には高畑勲の故郷の店の名や伝説が時々登場する。これもその一つである。また、一部では兵庫県高砂市高砂町に現存する歴史的雰囲気を濃厚に残し、今なおで焚く銭湯梅ヶ枝湯も作品に登場する湯屋によく似ているとして話題を集めている。町並みや建物などの全体的な雰囲気は台湾九份モチーフにしたといわれている。日本で出版されている台湾旅行ガイドブックなどで『千と千尋の神隠しのモデルの街』として広く紹介されているため、本作品を観て九份を訪れるファンも多い。食堂で千尋の両親が食べた料理にも台湾料理の影響を見ることができる。 テンプレート:ネタバレ終了

DVDの「赤い映像」問題編集

日本で発売された『千と千尋の神隠し』のDVDや、ビデオカセットに収録されている本編映像が、劇場公開版や予告編・TVスポットなどと比べて赤味が強いとして、スタジオジブリと発売元のブエナビスタや消費者センターに苦情が寄せられた。

両社は、DVD制作時に用意されたマスターの色調は意図的な調整を施したことによるものであり、「このクオリティが最高のものと認識しております」と説明した。映画上映時のTVCMや上映用プリントやDVDに収録された予告編、TVスポットなど極めて正常の色合いであり、この調整は施されておらず、比較すると明らかに赤みが異なる。つまり、DVD製作時に意図的にこの赤み改編が行われたことになる。

この問題で一部ユーザーは販売元のウォルト・ディズニー・ジャパンを相手取り、京都地方裁判所裁判に訴えたが、不良品とは認められず返品や交換には至らなかった。その後北米、ヨーロッパ、韓国で発売されたDVDには、赤味の強くない映像が収録され、販売されている(台湾のDVDは日本と同様)。

日本テレビでの2003年1月24日の放映には、DVDと同様の赤味が強いマスターが使用された(その再放送も)。世界で日本と台湾においてのみ、不自然な色調に調整された作品を見なければならないという皮肉な状況に陥っており、いまもなおこの色調のDVDが生産され続けている。

この「不自然な色調」については、後の複数の検証によりDVDマスター製作過程における色温度設定の錯誤とする説が有力となっており、機器環境があれば、これに基づいてある程度は色調補正が可能である。

ちなみに、本アニメはDVD版222万本、VHS版160万本以上の売上を記録している(オリコン調べ)。売上本数、裁判結果からも交換というのは現実的ではないが、色調を再調整したリマスター版の発売など、何らかの形での解決策が望まれる。なお、この本編映像はソニーPCLにて、スタジオジブリ撮影監督と技術者の協力のもとで作成されたものである。ブルーレイディスクで発売される際に修正版が発売されるかについては不明である。

キャッチコピー編集

スタッフ編集

主題歌編集

「いつも何度でも」
作詞:覚和歌子/作曲:木村弓
歌:木村弓

声の出演編集

英語版編集

ピクサージョン・ラセターが製作総指揮をてがけ、4人の翻訳家が英語版台本を作成した。役名の判明しているキャストのみ記す。

興行と賞歴編集

興行収入304億円という、日本国内の映画興行成績における歴代トップの記録を打ち立て、2007年現在も『千と千尋の神隠し』(1位)・『ハウルの動く城』(2位・196億円)・『もののけ姫』(3位・192億円)と、トップの座を維持している。

ベルリン国際映画祭において、他の実写作品を押しのけ、アニメーションとしては史上初の最高賞である金熊賞を受賞。その他アカデミー賞をはじめ日本国内外の多くの賞の栄冠に輝いた。2003年1月24日には日本テレビ系でテレビ初放送され、46.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という過去にテレビ放送された劇場映画の最高視聴率を記録した(映画の歴代視聴率1位でもある)。主題歌「いつも何度でも」のシングルCDは60万枚を売り上げ、サントラ盤も50万枚を売り上げた。

尚、アメリカではアカデミー賞を受賞し大規模な広告キャンペーンが行われたのものの、興行収入1,000万ドル(『もののけ姫』の約4.2倍、同時期のディズニーアニメの30分の1以下)といういまひとつの結果となった。これはキリスト教の文化的背景に生まれ育った観客には、「八百万の神々」という概念が理解しにくいためと思われる。 また、明瞭に一貫したストーリーを持たず、様々な出来事がいくつも起きて大団円を迎えるという展開が分かり難かったとも考えられる。ちなみに、日本以外の国での題名は、

  • 『Chihiros Reise ins Zauberland』(ドイツ語)直訳:「千尋の魔法の国の旅」
  • 『Spirited Away』(英語)直訳:「精霊による消失」
    八百万の神々を「Spirit=精霊」とし隠れるを「Away=なくなる、消失」として「神隠し」を表す。
  • 『El viaje de Chihiro』(スペイン語)直訳:「千尋の旅」
  • 『Le Voyage de Chihiro』(フランス語)直訳:「千尋の旅」
  • 『La città incantata』(イタリア語)直訳:「不思議の町」

と各国とも日本独特の物である神隠しという世界観・用語を伝えることに苦労し、あるいはタイトルで言及しないという方法をとっている。

日本での受賞編集

日本以外での受賞編集

  • 第52回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞
  • アニー賞(国際アニメ映画協会主催) 4部門(長編アニメ映画、監督、脚本、音楽)
  • 第75回アカデミー長編アニメ賞受賞
  • ゴールデンサテライト賞・最優秀アニメ映画賞
  • 放送映画批評家協会・最優秀アニメ映画賞
  • オンライン映画批評家協会・最優秀アニメ映画賞
  • ニューヨーク映画批評家協会・最優秀アニメ賞
  • ボストン映画批評家協会・特別賞
  • ロサンゼルス映画批評家協会・最優秀アニメ賞
  • サンフランシスコ映画祭・ベスト物語部門・観客賞
  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー・アニメ部門賞
  • 香港映画祭・最優秀アジア映画賞
  • 第29回サターン賞ベストアニメ映画賞

補足 編集

テンプレート:出典の明記 テンプレート:雑多な内容の箇条書き

  • 宮崎監督はこの作品の制作に取り掛かる前、柏葉幸子著「霧のむこうのふしぎな町」をアニメ化しようと考えていたがこれが叶わず、「千と千尋の神隠し」という形で作品化した。しかし「霧のむこうのふしぎな町」の影響を受けていることを劇場用パンフレットで明らかにしている。
  • 湯婆婆の手渡した契約書に千尋がサインしたとき、契約書の書面には「荻野千尋」の「荻」という漢字を意図的に間違えて記入している。(荻という字の草冠の下にある「火」が「犬」となっている。当然ながら、そのような漢字は存在しない。)
  • 監督によるとこの映画には日本の性社会への問題提起も含んでいると言う。湯女とは温泉街などにおいての売春女のことを指す言葉である。作中湯所に神様がやってくるが、その神様への性の奉仕は神道に置いてなんら罪悪感を持つ必要の無い健全な行為であり、むしろ素晴らしいことである、と監督は現在のヴィクトリア朝的性倫理に対しての発言をしている。
  • 2007年2月2日金曜ロードショーでの放送は、地上デジタル放送では額縁無しのHD(ハイビジョン)放送となった。なお、ハイビジョンマスターではなくアップコンバート映像のようである。[1]
  • 神隠し」とは、子供が行方不明になったり、茫然自失の状態で発見されたりした場合に、それを天狗や迷わし神・隠し神などに隠されたと考えたもの。簡単に言うと、「迷子」。

関連項目編集

脚注 編集

  1. スタジオジブリ-最新情報 「千と千尋の神隠し」が金曜ロードショーで放映されます。

外部リンク 編集

公式 編集

テンプレート:先代次代 テンプレート:先代次代

テンプレート:スタジオジブリ

ar:المخطوفة (فيلم 2001) ca:El viatge de Chihiro cs:Cesta do fantazie da:Chihiro og heksene de:Chihiros Reise ins Zauberlandeo:La vojaĝo de Ĉihiro (filmo) es:El viaje de Chihiro eu:Chihiroren Bidaia fa:شهر ارواح fi:Henkien kätkemä fr:Le Voyage de Chihiro he:המסע המופלא hr:Avanture male Chihiro hu:Chihiro Szellemországban id:Spirited Away is:Spirited Away it:La città incantata ko:센과 치히로의 행방불명 lt:Stebuklingi Šihiros nuotykiai Dvasių pasaulyje lv:Gariem Līdzi nl:Spirited Away nn:Sen to Chihiro no kamikakushi no:Chihiro og heksene pl:Spirited Away: W krainie bogów pt:Sen to Chihiro no Kamikakushi ru:Унесённые призраками sv:Spirited Away th:Spirited Away tr:Ruhların Kaçışı vi:Cuộc phiêu lưu của Chihiro vào thế giới linh hồn

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は千と千尋の神隠しにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki