FANDOM


</tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr>

</table>

午後の遺言状』(ごごのゆいごんじょう)は、1995年公開の日本映画

概要編集

第38回ブルーリボン賞および第19回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。新藤兼人が監督と脚本を兼任した。また、日本を代表する女優杉村春子と、新藤の妻である乙羽信子の遺作となった作品である。

人間の老いと死、または生に関する様々な話題を、時にコミカルに、時に悲しく描いている。

スタッフ編集

キャスト編集

ストーリー編集

老齢の女優蓉子は、避暑のために豊子に管理を委託している山間の別荘に滞在する。そこで、人間の生と死と愛に関わる事件に次々と遭遇する。奇妙な短い遺言とともに大きな石を残した用意の良い老人の自殺、重度の認知症になったかつての女優仲間との再会と別れ、亡き夫の思わぬ人物との不倫、義理の娘の結婚(婚約=足入れ式)など・・・。その度に蓉子は元気付けられたり、落ち込んだり、自身の死について考えたりする。

受賞編集

第69回キネマ旬報ベスト・テン編集

  • 委員選出日本映画部門第1位/監督賞/主演女優賞(杉村春子)/助演女優賞(乙羽信子)

第50回毎日映画コンクール編集

  • 日本映画大賞/監督賞/女優主演賞(杉村春子)/特別賞(乙羽信子)

第8回日刊スポーツ映画大賞編集

  • 監督賞/主演女優賞(杉村春子)

第19回日本アカデミー賞編集

  • 最優秀作品賞/最優秀監督賞/最優秀助演女優賞(乙羽信子)/最優秀脚本賞(新藤兼人)/優秀編集賞

その他編集

テンプレート:先代次代


テンプレート:Movie-stub

午後の遺言
</th></tr>
監督</th> 新藤兼人
製作総指揮</th> 溝上潔
井端康夫
製作</th> 新藤次郎
脚本</th> 新藤兼人
出演者</th> 杉村春子
乙羽信子
朝霧鏡子
観世栄夫
音楽</th> 林光
撮影</th> 三宅義行
編集</th> 渡辺行夫
配給</th> 日本ヘラルド映画
公開</th> 1995年6月3日
上映時間</th> 112分
製作国</th> 日本
言語</th> 日本語
allcinema</th></tr>
キネマ旬報</th></tr>
allmovie</th></tr>
IMDb</th></tr>
  
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は午後の遺言状にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki