FANDOM


原爆の子
監督 新藤兼人
製作 吉村公三郎
山田典吾
脚本 新藤兼人
出演者 乙羽信子
細川ちか子
清水将夫
滝沢修
宇野重吉
殿山泰司
北林谷栄
東野英治郎
下元勉
小夜福子
音楽 伊福部昭
撮影 伊藤武夫
配給 近代映画協会=劇団民藝
公開 1952年8月6日日本の旗
1954年3月3日フランスの旗
1954年12月1日スウェーデンの旗
上映時間 97分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  


原爆の子』(げんばくのこ)は、長田新が編纂した作文集『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(岩波書店刊)を基に新藤兼人が監督した、乙羽信子主演の1952年制作の日本映画である。

主な出演者 編集

物語 編集

1945年8月6日、広島に原爆が投下され、当時広島に住んでいた石川孝子(乙羽信子)は家族の中でたった一人生き残ったのである。戦後瀬戸内海の小島で小学校の教師をしていたが、原爆被災の頃に勤務していた幼稚園の園児達の近況について、消息を確認したいと思い、小学校の夏休みを利用して、久しぶりに故郷広島を訪れる。 そして、園児達の今を知るべく、彼らを訪ね歩くのだが・・・。

主な賞歴 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は原爆の子 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki