FANDOM


ファイル:Kuniyoshi The Ghost in the Lantern.jpg

四谷怪談(よつやかいだん)とは、元禄時代に起きたとされる事件を元に創作された日本の怪談江戸四谷が舞台となっているために、この名がある。

基本的なストーリーは「貞女岩が夫伊右衛門に惨殺され、幽霊となって復讐を果たす」というもので、鶴屋南北歌舞伎三遊亭圓朝落語が有名である。怪談の定番とされ、折に触れて舞台化・映画化されているため、さまざまなバリエーションが存在する。

最近の小説・映画化には京極夏彦の『嗤う伊右衛門』がある。

お岩稲荷編集

四谷(東京都新宿区左門町)に実在する「お岩稲荷」(於岩稲荷田宮神社)は、もともとは田宮家の屋敷社で、岩という女性が江戸時代初期に稲荷神社を勧請したことが由来とされる。

岩の父、田宮又左衛門は徳川家康の入府とともに駿府から江戸に来た御家人であった。岩と、婿養子となった伊右衛門は仲のよい夫婦で、収入の乏しい生活を岩が奉公に出て生活を支えていたという。岩が田宮神社を勧請したのち生活が上向いたと言われており、土地の住民の信仰の対象となった。

四谷雑談集編集

『四谷雑談集』(享保十二年(1727年)の奥付)に、元禄時代に起きた事件として記され、四世鶴屋南北の『東海道四谷怪談』の原典とされた話。

江戸時代初期に勧請された稲荷神社の由来とは年代があわず、また田宮家は現在まで続いている。永久保貴一は、田宮家ゆかりの女性の失踪事件が、怪談として改変されたのではないかとしている。

あらすじ編集

四谷在住の田宮又左衛門の娘岩は、婿養子の伊右衛門にいびり出され、失踪する。岩の失踪後、田宮家には不幸が続き断絶。その跡地では怪異が発生したことから於岩稲荷がたてられた。

『東海道四谷怪談』編集

『東海道四谷怪談』(とうかいどうよつやかいだん) 

4世鶴屋南北作の歌舞伎狂言。5幕。1825年、江戸中村座で初演された。作者南北の代表的な生世話狂言であり、怪談狂言、夏狂言である。『仮名手本忠臣蔵』の世界を用いた外伝という位置付けで書かれ、前述のお岩伝説に、当時の不倫の男女が戸板に釘付けされ神田川に流されたという話や砂村隠亡堀に心中者の死体が流れ着いたという話などが取り入れられた。

有名な舞台面としては、岩が毒薬のために顔半分が醜く腫れ上がったまま髪を梳き悶え死ぬところ(2幕目・伊右衛門内の場)、岩と小平の死体を戸板1枚の表裏に釘付けにしたのが漂着し、伊右衛門がその両面を反転して見て執念に驚くところ(3幕目・砂村隠亡堀の場の戸板返し)、蛇山の庵室で伊右衛門がおびただしい数の鼠と怨霊に苦しめられるところ(大詰・蛇山庵室の場)、などがある。

初演時の趣向
  • 初演時の配役は、岩・小仏小平・与茂七の3役は3世尾上菊五郎、民谷伊右衛門は7世市川団十郎、直助は5世松本幸四郎、お袖は2世岩井粂三郎であった。(岩の役は、5世菊五郎に継承大成され、音羽屋のお家芸とされた。)
  • 中村座の初演時は「仮名手本忠臣蔵」と合わせて2日にわたって上演された。(再演以降は単独で上演されている)
1日目:「忠臣蔵」の6段目(勘平の腹切)まで→「四谷怪談」の3幕目(隠亡堀の場)まで。
2日目:「忠臣蔵」の7段目(祗園一力の場)以降→「四谷怪談」の3幕以降→「忠臣蔵」の討入り。
  • 「忠臣蔵」と続けて演じると、塩治義士・佐藤与茂七が伊右衛門を討ったあと、「忠臣蔵」の討ち入りに参加することになり、主君への忠義を尽した与茂七と、禄のためには敵である高師直にすら仕官しようとする伊右衛門との対比が鮮明になる。(「四谷怪談」のみでは塩治義士がらみのエピソードが浮くため、与茂七らの登場シーンは省略・改変を受けることが多い)

あらすじ編集

元塩冶藩士、四谷左門の娘・岩は夫である伊右衛門の不行状を理由に実家に連れ戻されていた。伊右衛門は左門に復縁を迫るが、過去の悪事(公金横領)を指摘され、左門を殺害。同じ場所で、岩の妹・袖に横恋慕していた薬売り・直助は、袖の夫・佐藤与茂七(実は入れ替った別人)を殺害していた。ちょうどそこへ岩と袖がやってきて、左門と与茂七の死体を見つける。嘆く2人を伊右衛門と直助は仇を討ってやると言いくるめる。そして、伊右衛門と岩は復縁し、直助と袖は同居することになる。

民谷家に戻った岩は産後の肥立ちが悪く、病がちになったため、伊右衛門は岩を厭うようになる。高師直の家臣伊藤喜兵衛の孫・梅は伊右衛門に恋をし、喜兵衛も伊右衛門を婿に望む。高家への仕官を条件に承諾した伊右衛門は、岩の不義を言い立てて離縁しようと画策する。喜兵衛から贈られた薬のために容貌が崩れた岩を見て脅えた宅悦は伊右衛門の計画を暴露する。岩は悶え苦しみ、置いてあった刀が首に刺さって死ぬ。伊右衛門は家宝の薬を盗んだとがで捕らえていた小仏小平を惨殺。伊右衛門の手下は岩と小平の死体を戸板にくくりつけ、川に流す。

伊右衛門は伊藤家の婿に入るが、婚礼の晩に幽霊を見て錯乱し、梅と喜兵衛を殺害、逃亡する。

袖は宅悦に姉の死を知らされ、仇討ちを条件に直助に身を許すが、そこへ死んだはずの与茂七が帰ってくる。結果として不貞を働いた袖はあえて与茂七、直助二人の手にかかり死ぬ。袖の最後の言葉から、直助は袖が実の妹だったことを知り、自害する。

蛇山の庵室で伊右衛門は岩の幽霊と鼠に苦しめられて狂乱する。そこへ真相を知った与茂七が来て、舅と義姉の敵である伊右衛門を討つ。

落語 四谷怪談編集

三遊亭圓朝の創作落語。 伊右衛門の見た幽霊は、アルコール依存症による幻覚であるという解釈が加わっている。 伊右衛門の見る幻覚は、(アルコール依存症の症状として)精神科医の検証に耐えうるほどのリアリティをもっている。

映画作品(戦後)編集

テレビドラマ作品編集

アニメ作品編集

外部リンク編集

関連項目編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は四谷怪談にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki