FANDOM


テンプレート:Otheruses

大冒険
監督 古澤憲吾
製作 藤本真澄渡辺晋
脚本 田波靖男笠原良三
出演者 植木等谷啓
音楽 広瀬健次郎萩原哲晶
撮影 飯村正小泉福造
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 1965年10月31日
上映時間 107分
製作国 日本
言語 日本語
前作 無責任遊侠伝
次作 クレージーだよ奇想天外
allcinema
キネマ旬報
  



大冒険だいぼうけん)はクレージーキャッツ結成10周年を記念して東宝と渡辺プロダクション1965年に製作・公開した映画である。併映作は『喜劇 駅前大学』(佐伯幸三監督)であった。
特技監督を円谷英二が担当。また、世界で初めてワイヤーアクションを使用した映画でもある。 テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

世界中で、専門家でも見分けが付かないほど精巧に作られた偽札が発見される。そして遂に日本でも偽壱万円札が発見される。国際的な陰謀団の存在が囁かれる中、警視庁は内閣の依頼で秘密裏に捜査を開始する。一方、都内のとあるアパートに住む、元体操選手で現在記者の植松唯人は、片想いの隣人悦子と結婚する為、悦子の兄である啓介に「オール天然色複写機」を作らせ、特許を取って社長になろうとしていた。しかしその複写機のテスト中に、悦子のボーイフレンドである石崎から貰った壱万円札が偽札である事を発見する。植松は早速偽札の記事を書くが、その時警察は植松を指名手配していた。しかも石崎に融資をしていた「森垣金融」を配下に入れる謎の組織も植松の命を狙い始め、三つ巴の大闘争劇が始まった!

スタッフ 編集

キャスト 編集

挿入歌 編集

『遺憾に存じます』
作詞青島幸男
作曲:萩原哲晶
:植木等

『ヘンチョコリンなヘンテコリンな娘』
作詞・作曲:ヘンリー・ドレナン
歌:谷啓

犬山音頭
作詞:野口雨情
作曲:藤井清水
歌:植木等

『辞世の歌』
作詞・作曲:不詳
歌:植木等

『大冒険マーチ』(ラストの植松と悦子の結婚式会場で歌う。ちなみに仲人役は渡邊信・美佐夫妻が扮していた。)
作詞:青島幸男
作曲:萩原哲晶
歌:クレージーキャッツ

その他 編集

  • トミーテックから「東宝名車座」企画として、劇中で使用された自動車のミニカーが映画の説明とともに発売された。発売告知
  • 植木等が走行中のバイクから転倒するシーンで、小松政夫スタントマンとして出演している。
  • 神戸が舞台のロケシーンはほとんどが横浜で撮影されている。山下公園マリンタワーなど、知名度が高く、一目で横浜とわかるロケポイントで撮影されている。
  • 神戸の舞台でメリケンホテルというホテルが出てくるが、これは赤坂プリンスホテルの旧館である。作中にも別館玄関の文字が映りこんでおり、しっかり確認できる。ラストシーンのガーデンウエディング会場も同ホテル中庭。
  • 名古屋が舞台のロケーションでは当時の名古屋駅周辺の風景が登場し資料的にも貴重である。また国宝犬山城の天守閣でのロケーションは物語の筋にとっては意味がないが「ご当地」へのサービスとして面白い。植木等のネイティヴの名古屋弁が登場するのも興味をそそる。但し東海道新幹線名古屋駅ホームのシーンは東京駅ホームでの撮影で、車両の窓越しに丸の内駅舎が確認できる。
  • 作品中で蒸気機関車や農耕など、当時の風俗では普通に存在した物を利用して西部劇を意識した画作りをしている。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は大冒険にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。