FANDOM


大怪獣バラン』(だいかいじゅうバラン)は、1958年公開の東宝が制作した怪獣映画東宝パンスコープ作品。原作は、怪奇小説家として知られる黒沼健アメリカからの注文で東宝が作成した作品であるが、日本でも公開されている。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

東北地方、北上川上流の秘境でシベリア地方にしかいないはずの珍しい蝶が発見された。調査に訪れた杉本生物研究所の所員2人が怪死を遂げる。杉本博士の助手の魚崎、犠牲になった所員の妹で記者の由利子、カメラマンの堀口の3人は真相を解明すべく現地へ向かい、外部から隔絶された排他的で独自の神を崇めている岩屋村の人々と出会う。突如、彼等の前に湖から眠りを覚まされたバランが出現し、村を襲う。直ちに自衛隊が出動して攻撃するが、バランは攻撃をものともせず、飛び去ってしまう。その後、銚子沖に現れたバランは東京湾から羽田空港に上陸する。人類はバランを倒せるのだろうか?

バラン 編集

中生代恐竜バラノボーダの生き残りで、北上川上流の湖に棲み、外部から隔絶された集落で婆羅陀魏山神(バラダギサンジン)として崇拝されていた。顔の周りの角と背筋に並ぶ透明な長い棘が特徴で、通常は四足歩行だが二本足で立ち上がることや、ムササビのように飛膜を広げて滑空することもできる。研究員たちが襲われたことがきっかけで、その正体が判明した。眠りを覚まされて集落を破壊し、空に飛び去った後、羽田空港に上陸して暴れるが、光る物を飲み込む習性を利用され、強力な爆薬が仕込まれた照明弾で倒された。

公開当時の資料によれば、分類は、爬虫類ゴジラ属ラドン科バラノポーダ(ポスターにはゴジラ・ラドンを凌ぐとされている)となっている。また、体長は十数メートル〜100メートルと資料によってまちまちであるが、羽田空港出現時は、ゴジラのように巨大な生物として描かれている。スーツアクターは中島春雄

造形編集

背中のトゲは、生物の一部らしい透明感を表現するため、切ったゴムホースの切り口にビニールテープを貼って作られた。目には電飾がなされている。体色は、数少ないカラースチールから茶系であることが確認できる。(人工着色スチル写真では緑色)。

鳴き声は『空の大怪獣ラドン』のラドンの低い声と、一部初代ゴジラの声を使っている。その後、バラゴンの声に流用された。

飛行シーン用の小型のバランは、昭和41年に東宝倉庫に現存しているのが確認されていて、少年マガジンなどに写真が使われている。怪獣総進撃に使われたものもこれであるか不明。

ゴジラ映画に登場したバラン編集

怪獣総進撃』に怪獣ランドの怪獣として登場している。しかし、着ぐるみの状態が大変悪く、新造された飛行ポーズの人形のみが終盤に数カット登場しただけで劇中の破壊シーンはなく、キングギドラとの戦いでもマンダバラゴンと共に描写はない。また、鳴き声はなく、名前すら呼ばれなかった。こういった扱いから、怪獣ランドのバランは幼体であると記述する書籍もある。

ゴジラ FINAL WARS』(2004年)ではライブフィルムとして登場した。

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の2作にも出る予定があったが、どちらも途中で変更になっている。ただし『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』劇中の本「護国聖獣伝記」には婆羅陀魏山神の事が描かれている。

その他編集

FC版ゴジラではバラゴンやモゲラと共に何故か味方である筈のゴジラやモスラの敵に回っている。やはり光線技などは持っていない。

キャスト 編集

以下の順番は本編クレジットに準拠。

以下ノンクレジット

スタッフ 編集

備考 編集

ハイパーホビー誌のソフビ化して欲しい怪獣のアンケートにウルトラ怪獣に混ざって、バランがランクインした事がある。

海外版は、主人公をアメリカ軍の将校、ヒロインをその秘書に変更して、アメリカで撮影されたドラマが追加され、音楽もほとんど差し替えられている。

テンプレート:Movie-stubfr:Baran, le monstre géant

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は大怪獣バランにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki