FANDOM


大病人』(だいびょうにん)は1993年日本映画である。

で余命1年となった男。残りの人生をどう生きるか、どう死ぬかという人間の葛藤を、コメディを交えながら描く。 作品の特徴としては、主人公のセリフなど随所に仏教的な死生観が伺われ、実際クライマックスシーンには般若心経が登場する。伊丹監督のその後の人生の足取りを重ね合わせると、ミステリアスで味わい深い作品と言える。

この作品で日本アカデミー賞において三國連太郎が主演男優賞を、小野寺修が録音賞を受賞した。

あらすじ編集

老境を迎える大物俳優兼映画監督の向井武平(三國連太郎)は、癌に冒されたオーケストラの指揮者を自ら演じ、同じ病で妻に先立たれるというストーリーの映画のメガホンをとる。酒好きで胃薬を常用している向井は、ある日体の異変に気づき、離婚寸前の妻・万里子(宮本信子)のすすめで、万里子の学生時代の友人である外科医・緒方(津川雅彦)が勤務する病院で診察を受けることになる。検査の結果、既に手遅れ状態の胃癌であったが、緒方は本人には告知をしないことを決意する。何も知らない向井だが、病院内で知り合った患者仲間(三谷昇)から悲惨な癌患者(高橋長英)の実態を知らされ、自分に抗癌剤が点滴されていることに気づく。向井は激しく緒方をなじり、緒方も向井の扱いに苦悩する。その後、混乱した向井は担当看護婦(木内みどり)を口説いたり、愛人である共演女優(高瀬春奈)を病室へ連れ込んだり、挙句の果て衝動的に自殺を図ったりするが、緒方との対話を通じて、自らの最後の迎え方を決断するようになる・・・。

スタッフ編集

主人公が臨死体験を味わうシーンに見られるデジタル合成は、本作品で担当した株式会社白組が開発したインハウスソフトによる。これは日本の劇場用映画でほぼ初めてのデジタルフィルムレコーディングであった。

キャスト編集

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は大病人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。