FANDOM


テンプレート:右大魔神』(だいまじん)は1966年大映(現:角川映画)が製作した映画、また大魔神の登場する特撮時代劇シリーズの名、および劇中に登場する守護神的存在の名称。

概要 編集

この作品は時代劇と特撮を融合させた試みでも知られている。

大魔神シリーズは『大魔神』『大魔神怒る』『大魔神逆襲』の3作からなり、3作とも1966年に大映京都撮影所で製作された。

シリーズの各作品は独立したエピソードをもつが、舞台設定を戦国時代におき、悪人が陰謀をたくらみ、民衆が虐げられると、穏やかな表情の石像だった大魔神が劇中で復活・巨大化して動き出し、クライマックスで破壊的な力を発揮して悲劇に終わるという劇構造を同じくする。これは、ユダヤのゴーレム伝説に材を取ったと言われ、1936年のチェコスロバキア映画『巨人ゴーレム』(監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ)は戦後に大映系で公開されている。

娯楽性を追求し、それを見事に結集させた作風と大魔神のユニークなキャラクターで、制作が終了して20年以上後になっても、1990年プロ野球入りした投手佐々木主浩のニックネームに「大魔神」が使われるなど、『ガメラ』シリーズと並んで大映の特撮映画を代表する看板作品でもあった。

大魔神の造形 編集

大魔神の造形は埴輪の武人像に着想を得ている。神としての正式な名前は阿羅羯磨(あらかつま)と設定されている。普段は柔和な表情をしているが、ひとたび怒ると憤怒の表情に変わる。このとき腕で顔を拭うような仕草(右腕で顔を下からかくしそのまま腕を上へうごかす、あるいは両腕を顔の前で交差させてからバンザイのような位置に腕をもっていく)をするのが特徴であり、トレードマークでもある。また、憤怒の際の、への字に固く結んだ口元と割れ顎が印象的な表情は、金剛力士またはアメリカ俳優カーク・ダグラスをモデルにしたとされている。

そのユニークなキャラクターが受けて、漫画やアニメではしばしばパロディの対象になり、後にテレビCMに採用されることもあった。

1966年当時の撮影に使用された高さ約4.5mの大魔神像は、大阪府門真市にある海洋堂が引き取り、本社正面玄関の上に保管されている。造形に使用したラテックスが硬化して剥がれ落ちる状態だったため、全身をシリコン樹脂でコーティングされた。

なお、大魔神の造形は『ウルトラQ』『ウルトラマン』の怪獣造形を担当した高山良策が手がけている。

その他 編集

スーツアクター橋本力1953年プロ野球毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に外野手として入団。7年間の選手生活を経て1960年大映入社。1972年ブルース・リー主演の香港映画ドラゴン怒りの鉄拳』にも日本人柔道場主・鈴木寛役で登場)。

撮影は芋の粉を使った粉塵が飛び交うものだったが、橋本はカメラが回っている間は、決して瞬きをしなかったという。そのためか血走った「眼」が印象的な当り役となったが、『妖怪大戦争』でも吸血妖怪ダイモン役で両眼だけを見せ、強い印象を残している。

現在は神奈川在住の橋本の許へ、数年前に『探偵!ナイトスクープ』の石田靖探偵が取材に訪れたことがあった。カメラに向かって一睨みしてみせた橋本の眼力はなお健在だった。

大魔神シリーズ全作品リスト 編集

製作:永田雅一(3作共通)
特技監督:黒田義之(3作共通)
脚本:吉田哲郎(3作共通)
音楽:伊福部昭(3作共通)

続編予定 編集

角川映画製作で復活する予定。監督は『ゼブラーマン』、『妖怪大戦争 (2005年版)』の三池崇史

企画段階で凍結 編集

1990年代には当時徳間書店傘下に属していた大映で再映画化を企画した事もあったが、諸般の事情で制作は頓挫。企画はそのまま平成ガメラシリーズへと受け継がれることとなる。後に筒井康隆によるシナリオのみが2000年に公開された。

キャスト 編集

第一作『大魔神』
第二作『大魔神怒る』
第三作『大魔神逆襲』

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 参議院会議録情報 第063回国会 文教委員会 第4号
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は大魔神にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki