FANDOM


妖怪大戦争
監督 三池崇史
製作総指揮 角川歴彦
製作 黒井和男
脚本 三池崇史・沢村光彦・板倉剛彦
出演者 神木隆之介
音楽 遠藤浩二
主題歌 忌野清志郎
『愛を謳おう』
井上陽水
撮影 山本英夫
編集 島村泰司
配給 松竹
公開 2005年8月16日
上映時間 124分
製作国 日本
allcinema
  

妖怪大戦争』(ようかいだいせんそう)は、2005年に公開された日本映画。この映画の企画の発端は1968年に公開された大映の同名作品『妖怪大戦争』にあり、そのため本作はそのリメイク企画の作品であるが、時代設定・登場人物・筋立て等あらゆる面で全く異なっており(登場する妖怪の一部は旧作に準じており、特に旧作で主役級の役割を果たした河童は今作品でも同様に扱われている)、実質上別作品と言えるくらい違う映画になった。2作品で共通するのはジャンルとタイトルのみと言っても過言ではない。

製作の経緯 編集

角川グループ60周年を記念して製作された。2002年11月、作家の宮部みゆきと雑誌『怪』編集部の、68年の『妖怪大戦争』に関する雑談がきっかけになり、同じ頃設立された(株)角川大映映画の企画として取り上げられた。水木しげる京極夏彦荒俣宏、宮部みゆきが「プロデュースチーム『怪』」として製作に参加、2004年7月13日にロケ地である鳥取でクランクイン(撮影開始)、9月1日に調布市の角川大映スタジオで製作記者発表が行なわれた。11月21日には火災によりセットの一部が焼失する事件があったが、2005年1月16日にクランクアップ(撮影終了)となり、8月6日に全国松竹東急系劇場にて公開に至った。

角川大映映画の処女作として13億円の制作費をかけ、スタジオ内に森・沼・吊り橋などの大規模なセットを設け、妖怪は3000人ものエキストラを動員して撮影した。コンピューターグラフィックも用いているが、全面的に頼る事はせず、手作業やアナログの映像にもこだわりを見せている。監督は三池崇史。主演は神木隆之介。主題歌は同映画で妖怪ぬらりひょんとしても出演している忌野清志郎井上陽水サントラCDと主題歌&挿入歌のCDは同年7月27日に発売。

テレビでの地上波初放映は2006年8月11日であるが、物語の重要なキーワードである「真っ白な嘘」及びそれに絡む多くの部分、そして「本当の結末」が電波に乗らなかった他、妖怪(くだん)や一つ目小僧の登場場面をはじめ多くのシーンやカットが削除されており、劇場公開時とはかなり異なった内容となった。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

主人公、稲生タダシはひ弱な都会っ子。両親の離婚に伴って母方に引き取られ、母の故郷・鳥取で、ボケの始まった祖父と3人で暮らしている。しかし、田舎暮らしになじめず、学校では都会育ちゆえに悪ガキ達にいじめられる、うんざりな毎日を送っていた。そんなタダシが夏祭りの夜、この世が危機に陥った時に人々を救うという「麒麟送子」に選ばれる。「麒麟送子に選ばれた子どもは、大天狗が住む山へ伝説の聖剣を取りに行かなければならない!」そう悪ガキ達にはやし立てられ、バカにされたタダシは意を決して山へ行く。が、恐ろしさのあまり逃げ帰ってしまう。しかし、行方知れずになった祖父の助けを求める声が山から聞こえ、否応無しに再び山に足を踏み入れる。怯えるタダシを待ち受けていたのは、恐しくも愉快な妖怪達だった。

彼らとの出会いによってタダシは、歴史の闇に追いやられた古代日本の先住民族の怨念をまとった魔人・加藤保憲率いる悪霊軍団との戦いに巻き込まれてゆく。

メディアミックス 編集

漫画版は、雑誌『怪』 Vol.17 (2004年10月刊)から Vol.19 (2005年7月刊)に連載された後、終末部分を追加して単行本にまとめられたものが2005年8月1日に刊行された。鳥刺し妖女アギが『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する猫娘を思わせる魔女花子に置き換えられ、川姫の役割の重要度が小さくタダシとの心的交流も無く、機怪の代わりにナンジャラモンジャラという怪物が出て来るなどの相違があるが、特に前半部分は映画の筋に忠実である。

小説版は2005年5月30日に初版が出ている。全体に映画との違いが大きい。映画では既に離婚していたタダシの両親は物語の終末で離婚し、その際父母のどちらを選ぶか決断を迫られたタダシが本心を隠して母を選択した事が「真っ白な嘘」であるとされる。また、タダシの姉タタルが重要な役割を担っている事、アギや川姫の出自が日本歴史の闇の部分と深く関わっている事、アギと加藤保憲の関係も綿密に描かれているなどの点が映画と異なっているが、ヨモツモノ工場で機怪を作り出して人間社会に攻撃を仕掛ける、妖怪たちが東京に押し寄せる、妖怪大翁の登場等の物語の大筋は映画と共通する。

スタッフ 編集

キャスト 編集

DVD 編集

2006年2月3日に発売。販売元は角川エンタテイメント。スペシャル・エディション(2枚組)とコレクターズ・エディション(3枚組)が同時発売された。完全受注生産による「怪」愛蔵版もある。

また、映画公開に先駆けて2005年7月29日に見所を紹介したDVD『妖怪大戦争 ~ある夏の冒険記~』が発売された。

関連項目 編集


テンプレート:Movie-stubit:Yōkai daisensō

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は妖怪大戦争 (2005年の映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki