FANDOM


学校』(がっこう)は、山田洋次監督の映画作品。

1993年日本映画。幅広い年代の生徒が集まる夜間中学校を舞台に、挫折や苦境から立ちあがる人々を描いた。焼肉店を経営する在日コリアンのオモニ、中年になるまで文字が読めなかったイノさん(田中邦衛)などが登場する。
下敷きになったのは、松崎運之助(みちのすけ)『青春 夜間中学界隈』(教育史料出版会1985年)である。イノさん(猪田)のモデルは実在の井上という生徒であり、映画のエピソード(競馬の話、医学部生に夜間中学を紹介された話、急病で死去した話など)もほぼ事実である。

この映画によって、夜間中学校は一挙に知名度が高まった。

ストーリー 編集

夜間中学校に勤める黒井はある日校長に呼び出され「そろそろ異動を」と薦められていた。しかし黒井は「私は夜間に根を生やして『古狸』と呼ばれたいんです」とつっぱねる。黒井のクラスには働きながら夜間に通うカズ、中学校を不登校になったえり子、不良のみどり、日本の社会になかなか馴染めない中国人の張、焼肉屋を経営するオモニ、言葉の不自由な修、そして長年の肉体労働で身体を酷使したイノさんがいた。それぞれに違った環境でそれぞれの悩みを抱えつつ夜間に通う生徒たち。

イノさんが体調不良で田舎に戻り、療養中(教室には不在)であるところから物語は始まる....。

出演 編集

スタッフ 編集

  • 監督 山田洋次
  • 助監督 阿部勉
  • 製作 中川滋弘
  • プロデューサー 深澤宏
  • 脚本 山田洋次・朝間義隆
  • 撮影 高羽哲夫・長沼六男
  • 音楽 冨田勲
  • 美術 出川三男・横山豊
  • 編集 石井巌
  • 録音 鈴木功
  • スクリプター 広沢栄
  • スチル 金田正
  • 照明 熊谷秀夫

シリーズ作品 編集

  • 学校II(1996)
高等養護学校を舞台とした作品。障害が重い生徒と軽い生徒の交流・葛藤や、就職問題などを描いた作品。
  • 学校III(1998)
リストラ・再就職問題を描いた職業訓練校を舞台とした作品。
  • 十五歳 学校IV(2000)
不登校と自立を扱った作品。

関連項目編集

外部リンク編集

テンプレート:先代次代

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は学校 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki