FANDOM


宇宙からのメッセージ 』(うちゅうからのメッセージ、英題:MESSAGE FROM SPACE )は、1978年東映制作のSF映画

概要 編集

南総里見八犬伝をモチーフにした和製スペースオペラ映画。1977年夏にアメリカでは『スター・ウォーズ』が大ヒット。翌1978年夏の日本公開を控えて、日本では空前のSFブームに沸いていた。日本の映画会社も、『スター・ウォーズ』が公開される前にこれにあやかろうと、東宝は1978年の正月映画として『惑星大戦争』を製作。それに遅れて、1978年のゴールデンウィーク映画として東映が製作したのが本作である。

スタッフには1978年の東映正月映画を担当した深作欣二監督と、松田寛夫脚本、矢島信男特撮監督という布陣で挑んだ。

本作ではメディアミックス展開もされた。原案に名を連ねた漫画家石森章太郎コミカライズを担当。単行本は小学館より発売。同じく原案スタッフだった野田昌宏は、SF作家としてノベライゼーションしており、角川書店から出版されている。この映画がテレビ放映された際に小松左京から「日本SF作家クラブから除名するぞ」と脅されたと、野田本人が自著のあとがきなどに(楽しげに)書き記している。さらに続編となるテレビシリーズ『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』が放映された。

宣伝として1978年の年明けに、全国紙の全面広告にて、英語タイトルが「Message from Space」と決まっている本作の日本語タイトルの一般公募を行った。賞金総額は500万円とされた。

総製作費15億円のうち4億円を特撮にかけたと宣伝された。また、本作は『スター・ウォーズ』の模倣企画であるはずが、敵の要塞内部のトンネルを通過するシーンは、後の『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)に似たようなシーンがあって、日本の特撮ファンの間では話題になった。ちなみに、本家『スター・ウォーズ』のスタッフは撮影現場に見学で訪れている。その他、特撮技術的にはシュノーケル・カメラ、クロマキー合成のECG合成システムを売りとしていた。この特撮シーンの映像は後にセガレーザーディスクを用いたアーケードゲーム『アストロン・ベルト』(1983年)に流用された。

あらすじ 編集

ガバナス人の侵略を受けた惑星ジルーシアの長老は、太陽系連邦に向けて“リアベの実”を放った。この実を手に入れた8人の勇者がガバナスの大軍と壮絶な宇宙戦を繰り広げる。

スタッフ 編集

キャスト 編集

関連作品 編集

hu:Üzenet az űrből

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は宇宙からのメッセージにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki