FANDOM


テンプレート:文学山の音(やまのおと)』は川端康成の小説。1949年(昭和24年)から1954年(昭和29年)にかけて執筆された。1954年(昭和29年)に筑摩書房より刊行。

鎌倉長谷に住む、62歳になり老いを自覚するようになった尾形信吾が息子・修一の嫁・菊子に対して抱く情愛を、鎌倉の美しい風物とともに描いた作品。この作品で野間文芸賞を受賞した。

映画 編集

山の音
200px
監督 成瀬巳喜男
製作 藤本真澄
脚本 水木洋子
出演者 原節子山村聡上原謙
音楽 斎藤一郎
撮影 玉井正夫
編集 大井英史
配給 東宝
  

1954年に東宝で映画化された。

スタッフ編集

  • 美術:中古智
  • 特殊技術:東宝技術部

キャスト編集

テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は山の音にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki