FANDOM


嵐を呼ぶ男』(あらしをよぶおとこ)1957年に公開された石原裕次郎主演の映画。石原裕次郎の代表作の一つ。その後も、主演渡哲也1966年)、近藤真彦1983年)によってリメイクされている。 北原三枝演じるヒロインの女帝マネージャーのモデルは当時女性マネージャーのはしりとして注目を集めていた渡辺美佐である。主題歌も裕次郎自らが歌い彼にとっての最初のヒット曲となり独特の歌い方がいまでもものまねの対象になっている。


1957年、石原裕次郎 編集

データ 編集

1957年12月28日公開。

  • 配給:日活
  • 配給収入:約3.4億円
  • 観客動員数:約594万人

スタッフ 編集

  • 製作:日活
  • 企画:児井英生
  • 監督:井上梅次
  • 脚本:井上梅次、西島大
  • 音楽:大森盛太郎
  • 撮影:岩佐一泉

キャスト 編集

1966年、渡哲也 編集

渡哲也主演によるリメイク。石原裕次郎版と設定が若干変更されており、渡が演じる主人公国分正一の弟・英次の職業が音楽家ではなくレーサーになっている他、宇野重吉演じる正一・英次兄弟の父親が登場し、ラストは怪我をした正一と一緒に英次が出場しているカーレースをテレビで観戦、見事優勝する姿を見届ける。 ドラム合戦のシーンでは、ライバルの陰謀にはまり手を怪我するのは裕次郎版と同様であるが、その怪我が原因でスティックを片方床に落としてしまい、ドラムが叩けなくなったために歌いだしている。また歌の途中の台詞も、「お前は俺の弟よ、俺の心はお前の心だ!それ!恋だ!喧嘩だ!お祭りだ!よーし俺に任せろ、ドラムが俺を呼んでるぜ!それっ、シンバルだ!」というものに変更されている。

1983年、近藤真彦 編集

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は嵐を呼ぶ男にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki