FANDOM


テンプレート:文学帝都物語』(ていとものがたり)は、荒俣宏の小説、およびこれを原作とする映画、アニメ、漫画。荒俣宏の小説デビュー作(1985年発表)である。第8回日本SF大賞受賞。前日談として江戸時代を舞台にした『帝都幻談』、幕末期を舞台とした『新帝都物語』も執筆された。

概要 編集

平将門の怨霊により帝都破壊を目論む魔人・加藤保憲とその野望を阻止すべく立ち向う人々との攻防を描いた作品。明治末期から昭和73年まで約100年に亘る壮大な物語であり、史実や実在の人物が物語に絡んでいるのが特徴。そのため架空の人物である加藤保憲が実際に存在していたかのような錯覚に陥ることがある。著者の荒俣宏がこれまでに蓄積した博物学や神秘学を総動員しており、風水を本格的に扱ったおそらくは日本最初の小説と目される。陰陽道風水、奇門遁甲などの魔術用語を定着させた作品でもある。

各篇一覧編集

  • 帝都物語1 神霊篇
  • 帝都物語2 魔都(バビロン)
  • 帝都物語3 大震災(カタストロフ)
  • 帝都物語4 龍動篇
  • 帝都物語5 魔王篇
  • 帝都物語6 不死鳥篇
  • 帝都物語7 百鬼夜行篇
  • 帝都物語8 未来宮篇
  • 帝都物語9 喪神篇
  • 帝都物語10 復活篇
    本作で一旦完結であり、時系列を遡って外伝的に11、12が書かれた。角川文庫新装版は時系列順に配列されており、順序が異なる。
  • 帝都物語11 戦争(ウォーズ)
  • 帝都物語12 大東亜篇
  • 帝都物語外伝 機関(からくり)童子

カバーイラスト編集

  • カドカワノベルズ版 丸尾末広
  • 角川文庫版1~3巻 天野喜孝(4巻以降、および1~3巻の重版は映画のワンシーンを使用。)
  • 角川文庫新装版 田島昭宇

登場人物 編集

実在の人物には*印を付した。

  • 加藤保憲 - 帝都東京破壊を目論む謎の軍人。関東大震災などの大災厄を引き起こした。
  • 辰宮洋一郎 - 大蔵省官吏。物語冒頭、平将門を降ろす依童として加藤に利用される。
  • 辰宮由佳里 - 洋一郎の妹。強力な依童を求める加藤に付け狙われ、加藤の子を宿す。
  • 辰宮雪子 - 由佳里の娘。この人物の出生の秘密が物語に重要な影響を与える。
  • 目方恵子 - 辰宮洋一郎の妻。相馬俤神社の巫女。将門の巫女として加藤と戦うが敗れ、囚われる。
  • 鳴滝順一 - 洋一郎の友人。由佳里に恋し、加藤と戦うが敗れる。後に加藤の最後の敵となる。
  • 渋沢栄一* - 帝都東京を物理的、霊的に守護された都市にしようと秘密会議を開く。
  • 幸田露伴* - 膨大な魔術知識を駆使して魔人加藤と戦い、追い詰める。
  • 寺田寅彦* - 渋沢の秘密会議に出席、その場で加藤と出会い、露伴とは別に加藤と戦う。
  • 森鴎外* - 自らの興味のため加藤と露伴を引き合わせる。
  • 西村真琴* - 地下鉄工事現場に巣食う鬼を人造人間学天則で退治する。
  • 黒田茂丸 - 風水師。風水を操り寺田、恵子と協力し加藤と戦う。
  • 北一輝*
  • 甘粕正彦*
  • 大谷光瑞* - 加持祈祷による米英ソの戦争指導者の呪殺を画策する。
  • トマーゾ - 帝都支配をもくろむメソニック協会日本支部を牛耳る、年齢が130歳を超える謎のイタリア人。
  • 大川周明* - 帝都の奥津城に眠る怨霊の正体を探るという命を加藤より受けるが、それを阻止せんとする地霊に精神を狂わされた。
  • 三島由紀夫* - 自衛隊に体験入隊し、加藤から訓練を受ける。その後、大川同様に帝都の奥津城に眠る怨霊の正体を探るため市谷駐屯地で割腹する。
  • 角川源義* - 帝都の怨霊鎮魂のため、人骨を砕いた灰を撒き続けた。
  • 角川春樹* - 奈須香宇宙大神宮の大宮司として東京の破滅を見届ける。
  • 大沢美千代 - ある人物の転生として誕生し、前世の記憶に目覚めていく。
  • 団宗治 - 大沢美千代と協力して、オカルト知識やコンピューターを駆使し、加藤の放った水虎や式神と対決した。名前の由来は荒俣宏のペンネーム「団 精二」を捩ったものと思われる。
  • 平将門* - 帝都東京を守護する亡霊。ストーリーの根幹をなす最も重要な人物。

映画版 編集

帝都物語 編集

原作の「神霊篇」から「龍動篇」までを映画化。1988年1月30日公開。H・R・ギーガーがデザインしたクリーチャーのモデルアニメーションハイビジョンによる合成を使った映像、予算2億円のセットで昭和2年の銀座の風景を再現した時代考証の細緻さで注目を浴びた。製作費は10億円の大作で、出演者にも勝新太郎や平幹二朗といった大物を起用。中でも東京グランギニョルの舞台『ガラチア帝都物語』に出演したことがきっかけで加藤役に抜擢された嶋田久作はこれが映画デビューとなり、その強烈なキャラクターも評判となった。また西村晃が、學天則の製作者である実父・西村真琴を演じている。

配給収入は10億5千万円で、その年の日本映画の8位という成績を挙げている。

スタッフ 編集

出演者 編集

帝都大戦 編集

原作の「戦争編」を映画化。1989年9月15日公開。

スタッフ 編集

出演者 編集

帝都物語外伝 編集

1995年7月15日公開。

スタッフ 編集

  • 監督:橋本以蔵
  • 製作:須崎一夫
  • プロデューサー:伊藤正昭、米山紳
  • 企画:伊藤靖浩、中沢敏明
  • 原作:荒俣宏「帝都物語外伝 機関童子」
  • 脚本:山上梨香
  • 撮影:藤石修
  • 特殊メイク:原口智生
  • 美術:及川一
  • 編集:太田義則
  • 音楽:奥居史生、阿部正也

出演者 編集

OVA版 編集

原作の「神霊篇」から「龍動篇」までをアニメ化。VHS版は1991年発売。全4巻。DVD版は2007年4月21日発売。全2巻。映画版と同じく加藤役を嶋田久作が演じている。

スタッフ 編集

  • 監督:片山一良(魔都篇)、千明孝一(震災篇)、久米一成(龍動篇)、池田成(菩薩篇)
  • 原作:荒俣宏
  • 脚本:遠藤明範
  • キャラクターデザイン摩砂雪
  • シリーズ監督:りんたろう
  • 作画スタッフ:野田卓雄、鶴巻和哉、本田雄、関野昌宏、中山勝一、羽山賢二、赤堀重雄、児山昌宏、福島善晴、南伸一郎、小倉陳利、東海林真一、樋口真嗣、前田真宏、岸田隆宏、庵野秀明、増尾昭一、黒沢守、大橋誉志光、黒田和也、都留稔幸、摩砂雪他。

声の出演 編集

サブタイトル 編集

  1. 第一部 魔都篇
  2. 第二部 震災篇
  3. 第三部 龍動篇
  4. 第四部 菩薩篇

漫画版 編集

関連作品 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は帝都物語にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki