FANDOM


テンプレート:Infobox Album 帰って来たヨッパライ(かえってきたよっぱらい)は、ザ・フォーク・クルセダーズのデビューシングルであり、同グループの代表曲である。一般には『帰ってきたヨッパライ』と表記されることが多いが、初版レコードでは『帰って来たヨッパライ』となっている。英文曲名表記では“I Only Live Twice”。当時の東芝EMIのレコードレーベルにはでたらめな英語題名が記載されることが多々あり、この題名は映画"007/You Only Live Twice"のもじり。

概要 編集

1967年12月25日に東芝音楽工業(現・EMIミュージック・ジャパン)からシングル盤が発売され、早回しのテープと奇想天外な歌詞で一躍大反響を呼んだ(レコード番号CP-1014、B面は『ソーラン節』を収録)。“アングラ・フォーク”のブームを生み出した曲である(アングラとは「アンダーグラウンド」[地下、の意]の略語である)。日本のロック音楽史上初のミリオン・シングルはこの曲だと言われている。日本のコミックソングの代表的な作品としてよく知られる。

曲の間奏はビートルズの「グッド・デイ・サンシャイン」の間奏がパロディ風に演奏され、最後の僧侶の読経ではお経に交えて同じくビートルズの「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (A Hard Day's Night)」の歌詞の最初の部分が読まれる。そしてベートーヴェンバガテルエリーゼのために」が奏され曲を閉じる。

もともとは、「フォーク・クルセイダーズ」名義だったインディーズ(自主制作)LPの「ハレンチ・ザ・フォーク・クルセイダーズ」に収められていた曲である。当時のフォークルのメンバーは北山修加藤和彦、平沼義男、芦田雅喜の4人であったが、芦田がヨーロッパ旅行に出かけることになり、解散記念として自主制作LPを録音した。彼らが好きだった名作のカバーの中に、1曲のオリジナル作品を含めることが決まり、本作はその時に生み出された。作曲は加藤和彦であるが、作詞は「ザ・フォーク・パロディ・ギャング」と表記された(実際の作詞者は松山猛)。

1967年の晩秋に、この曲がラジオ関西の深夜番組で放送されて近畿地方で密かなブームとなり、それを聞き付けた『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の初代パーソナリティの一人、高崎一郎が『高崎一郎のオールナイトニッポン』でかけたところこれがきっかけとなり、たちまち日本全国に反響が広がった。それで当時の全てのメジャー・レーベルがフォーク・クルセダーズとシングル盤の発売交渉を行い、日本ビクターフィリップス事業部(現・ユニバーサルミュージック)と東芝の2社に絞られたテンプレート:要出典が、東芝だけがフォークル側の「年内発売」の条件を受け入れ、彼らが吹き込んだ当初のモノラル録音のテープで発売する権利を得た。この出来事がきっかけで、レコード会社の「原盤制作権」がクローズアップされることにもなった。シングル盤の売り上げは東芝の発表で280万枚以上に達したという。

早回しテープを使った曲であるため、ライブのコンサートで演奏することができない。その点でも特異な作品であった。そのため、ロックアレンジで演奏されることもあった。このときははしだがメインボーカルを取っている。(レコーディング時のボーカルと12弦ギターは加藤和彦)2002年のフォーク・クルセダーズ新結成では、フォークルの演奏(アコースティック)にゲストの泉谷しげるが普通の声で歌っている。

映像作品 編集

この曲の予想外の大ヒットを受けて、1968年には大島渚監督による映画化まで行われた。監督:大島渚 脚本:田村孟佐々木守 足立正生大島渚による
この映画にはフォーク・クルセダーズのメンバーとして北山修、加藤和彦、端田宣彦の3人が出演している。(前述の制作背景により、端田は早回しテープの録音には参加していない。)

他にも、1995年公開映画の『勝手に死なせて!』の作中においても、この曲がメインテーマ曲として使われている。

補足 編集

作曲家團伊玖磨はいち早くこの曲を評価した。そのこともあり、フォーク・クルセダーズは團伊玖磨の童謡「山羊さんゆうびん」を『紀元弐千年』(フォーク・クルセダーズのアルバム)でも、2002年新結成時のライブでもきっちりと歌っている。

大東文化大学教授で音楽評論家の篠原章は、著書『J‐ROCKベスト123―1968~1996』(講談社文庫 ISBN 4062632764)において、「帰って来たヨッパライ」が大ヒットした1968年以降を「日本のロック時代」と定義している。

園山俊二原作のアニメ『はじめ人間ギャートルズ』でも、主人公の少年・ゴンの父が一度死んでしまう回で、父が天国に上っていくシーンでこの曲が流れている。

タツノコプロ製作のアニメ『ハクション大魔王』の企画当初のタイトルは、本曲の歌詞に由来する『天国よいとこ』であった[1]

1979年には、本作のディスコアレンジ版『ディスコ・帰って来たヨッパライ』(歌:INVADER)が発売された。

2007年小梅太夫によるカバーヴァージョンがシングルでリリースされている。

関連項目 編集

テンプレート:OriconChart

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は帰って来たヨッパライにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki