FANDOM


テンプレート:文学

復讐するは我にあり』(ふくしゅうするはわれにあり)は、第74回直木賞を受賞した佐木隆三の小説で、5人を殺害した西口彰事件を題材にした作品である。1979年に映画化、1984年2007年にテレビドラマが放映された。

映画の制作・配給会社は松竹今村昌平が監督、馬場当が脚本を担当した。主演は緒形拳。映画に登場する殺害シーンは実際の殺害現場で撮影されたとされる。[1]。同年度キネマ旬報ベストテン1位。第22回ブルーリボン賞ならびに第3回日本アカデミー賞作品賞受賞作品。

なおタイトルの「復讐するは我にあり」という言葉は、新約聖書(ローマ人への手紙・第12章第19節)に出てくる言葉で、その全文は「愛する者よ、自ら復讐するな、ただ神の怒りに任せまつれ。録(しる)して『主いい給う。復讐するは我にあり、我これを報いん』」(引用『』は申命記32:35。ヘブル人への手紙10:30もこの箇所を引用)。これは「悪に対して悪で報いてはならない。悪を行なった者に対する復讐は神がおこなう(参考;詩篇94:1)。」という意味である。 

ストーリー編集

昭和38年。当時の日本の人々はたった一人の男に恐怖していた。榎津巌(えのきづ いわお)。敬虔なクリスチャンでありながら「俺は千一屋だ。千に一つしか本当のことは言わない」と豪語する詐欺師にして、女性や老人を含む5人の人間を殺した連続殺人犯。延べ12万人に及ぶ警察の捜査網をかいくぐり、78日間もの間逃亡したが、昭和39年に熊本で逮捕され、43歳で処刑された。映画ではこの稀代の犯罪者の犯行の軌跡と人間像に迫る。

映画編集

</tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr>

</table>


スタッフ編集

キャスト編集

受賞編集

  • 第22回ブルーリボン賞
    • 作品賞/監督賞/助演男優賞/助演女優賞(倍賞美津子)
  • 第53回キネマ旬報ベスト・テン
    • 監督賞/助演男優賞/助演女優賞(小川真由美)
  • 第4回報知映画賞
    • 最優秀助演男優賞/最優秀助演女優賞(小川真由美)
  • 第3回日本アカデミー賞
    • 最優秀作品賞/最優秀監督賞/最優秀脚本賞/最優秀助演女優賞(小川真由美)/最優秀撮影賞


テンプレート:Navigation2


テレビドラマ(1984年)編集

テンプレート:ドラマ 最初のテレビドラマ版は1984年4月7日土曜のザ・サスペンス枠でTBSにより制作、放送された。

テレビドラマ(2007年)編集

2007年3月28日水曜20:00よりテレビ東京により3時間枠のドラマスペシャルとして制作、放送された。主演は柳葉敏郎。同作品の映像化はTBS版から数えて約23年振り。

ストーリー編集

映画版では描写されなかった、榎津巌が逮捕されるまでの3日間を映像化。人を信じない殺人犯・榎津と、人を信じる事を説く教誨師・吉村の静かな戦いを描く。

スタッフ 編集

キャスト編集

編集

  1. DVDの「復讐するは我にあり」 映像特典「シネマ紀行」

関連項目編集

復讐するは我にあり
</th></tr>
監督</th> 今村昌平
製作</th> 井上和男
脚本</th> 馬場当
出演者</th> 緒形拳
三國連太郎
ミヤコ蝶々
倍賞美津子
小川真由美
音楽</th> 池辺晋一郎
撮影</th> 姫田真佐久
編集</th> 浦岡敬一
配給</th> 松竹
公開</th> 日本の旗1979年4月21日
上映時間</th> 140分
製作国</th> 日本
言語</th> 日本語
allcinema</th></tr>
キネマ旬報</th></tr>
allmovie</th></tr>
IMDb</th></tr>
  
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は復讐するは我にありにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki