FANDOM


忠臣蔵外伝 四谷怪談
監督 深作欣二
製作 櫻井洋三
脚本 古田求、深作欣二
出演者 佐藤浩市
高岡早紀
荻野目慶子
石橋蓮司
渡辺えり子
蟹江敬三
火野正平
菊池麻衣子
田村高廣
真田広之
名取裕子
近藤正臣
六平直政
渡瀬恒彦
津川雅彦
音楽 和田薫
撮影 石原興
配給 松竹
公開 1994年10月22日(日本)
上映時間 106分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  

忠臣蔵外伝 四谷怪談』(ちゅうしんぐらがいでん よつやかいだん)は1994年松竹製作の時代劇ホラー映画。監督は深作欣二四谷怪談元禄赤穂事件を取り入れた作品。

概要 編集

<あらすじ>元禄14年、江戸城松の廊下で吉良上野介に刃傷を起こした赤穂藩藩主・浅野内匠頭は切腹、赤穂藩は取り潰しとなった。二カ月前に召し抱えられたばかりの民谷伊右衛門はこれがきっかけで再び浪人の身となった。ある日、伊右衛門はひょんな事から湯女宿の湯女であるお岩と知り合い、同居生活を始める事になった。しかし、最初は仲睦まじく暮していた二人だが、伊右衛門は吉良家家臣・伊藤喜兵衛の娘・お梅に気に入られ、婿入り話がその父親から持ち掛けられると、身重のお岩の存在を次第に疎ましく思うようになり・・・。また、最初は主君の仇討ちに一番乗る気だった同僚の高田郡兵衛が脱盟したため、最初は主君の仇討ちを誓っていた忠誠心も薄れていき、遂に伊右衛門は仇討ちをやめて婿入りし、お岩を手に亡き者にしようと企てる。しかし、その結末に待っていたものとは・・・・・・。

<特徴>冒頭に松の廊下の刃傷シーン、終盤に赤穂浪士の吉良邸討ち入りが描かれ、そこに亡霊となったお岩が浪士の助太刀をする等、今までに映像化された四谷怪談以上に忠臣蔵をイメージした作品となっている。また、他の映像化作品では武家の子女として描かれているお岩が娼婦として登場する事、悪役の顔に白粉が施されている事、亡霊のお岩が超能力のような力で浪士を手助けをするといった特殊効果の演出が施されている事が本作品の特徴となっている。 この映画で初めてヌードを披露した高岡早紀の熱演が高い評価を受けた。

出演者 編集

スタッフ 編集

  • 製作・・・櫻井洋三
  • プロデューサー・・・佐生哲雄,斉藤立太,原克子
  • 脚本・・・古田求,深作欣二
  • 監督・・・深作欣二
  • 音楽・・・和田薫
  • テーマ曲・・・オルフカルミナ・ブラーナ(運命の女神よ)」
  • 撮影・・・石原興
  • 照明・・・中島利男
  • 美術・・・西岡善信
  • 録音・・・広瀬浩一
  • 編集・・・園井弘一
  • 調音・・・鈴木信一
  • 助監督・・・津島勝、酒井信行
  • 殺陣・・・上野隆三
  • 特殊メイク・・・江川悦子
  • 製作主任・・・黒田満重
  • スチル・・・金田正
  • 宣伝プロデューサー・・・村居俊彦,佐藤礼子

関連項目 編集

テンプレート:先代次代

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は忠臣蔵外伝 四谷怪談にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki