FANDOM


怪獣大戦争
Invasion of Astro-Monster
監督 本多猪四郎
製作総指揮 清水雅
製作 田中友幸
脚本 関沢新一
出演者 宝田明
ニック・アダムス
久保明
水野久美
沢井桂子
土屋嘉男
音楽 伊福部昭
撮影 小泉一
編集 藤井良平
配給 東宝
公開 1965年12月19日(日本)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 三大怪獣 地球最大の決戦
次作 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
  

怪獣大戦争』(かいじゅうだいせんそう)は1965年に公開された日本アメリカの合作映画で、ゴジラシリーズの第6作である。1965年12月19日公開。観客動員数は513万人。製作は東宝ベネディクト・プロ。併映は『エレキの若大将』。

後に『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』と改題され、1971年春の東宝チャンピオンまつりでもリバイバル上映された。

登場する怪獣はゴジララドンキングギドラ

テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

196X年、木星13番目の新衛星Xの調査に向かった宇宙局の富士とグレンは、高度な文明を有しながらキングギドラのために地下生活を強いられているX星人と出会う。X星人は地球怪獣のゴジラとラドンを借りたいと申し出た。交渉が成立し、X星に運ばれた二大怪獣はギドラを破る。

一方、町のしがない発明屋・鳥井は、珍しく自分の発明を買ってくれた世界教育社に招かれるが、その会社に向かうところで失踪してしまう。

これらは全てX星人の罠だった。星人は地球侵略を告げると共に、電磁波で操られた三大怪獣の攻撃がはじまり、地球は最大の危機にみまわれる。しかし、囚われたグレンと鳥井はX星人のある弱点を発見する。

スタッフ編集

本編編集

特殊技術編集

特殊視覚効果編集

キャスト編集

その他編集

  • ストーリー面では怪獣同士の対決よりも地球人とX星人のドラマに重点が置かれている。
  • 特撮シーンの一部は『空の大怪獣ラドン』や『地球防衛軍』等の作品のライブフィルムを使用している。
  • アメリカ版ではタイトルクレジット曲が、本編中のX星人の円盤が明神湖と鷲ヶ沢から、ゴジラとラドンを電磁波で運び出すシーンに流れる曲に差し替えられている。アメリカでは、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』との2本立てで公開された。
  • チャンピオンまつり版では冒頭クレジットの196X年が197X年になっている。
  • 劇中、ゴジラが“シェー”をする事でも有名。
  • 国内盤DVDの特典には1972年頃発売された、本作を編集した8mm+ソノシート「ゴジラ宇宙へ行く!」とセットの絵本「ゴジラ宇宙へ行く!」が収録。劇場用予告編はオリジナル紛失のため、『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』の予告編が収録されている。
  • ゴジラ・ラドンの球体を解除する機械は『モスラ』に登場した原子熱線砲のパーツを使用。

テンプレート:ゴジラ


cs:Godzilla - útok z neznámafr:Invasion Planète X it:L'invasione degli astromostri nl:Invasion of Astro-Monster pl:Inwazja potworów sv:Invasion of Astro-Monster

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は怪獣大戦争にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki