FANDOM


怪獣総進撃』(かいじゅうそうしんげき)は1968年に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第9作である。1968年12月20日公開。観客動員数は258万人。製作は東宝。ゴジラをはじめとする多くの怪獣を集結させた作品。併映は『海底軍艦』、『海ひこ山ひこ』。

後に『ゴジラ電撃大作戦』と改題され、1972年冬の東宝チャンピオンまつりでもリバイバル上映された。

当初、東宝は本作で莫大な制作費を必要とする怪獣映画の製作を終了する予定であったが、興行成績が良かったために怪獣映画の製作は継続されることとなった(製作者側は否定している)。

テンプレート:ネタバレ

概要編集

登場怪獣する怪獣は、ゴジラミニララドンモスラ(幼虫)、アンギラスバランバラゴンゴロザウルスマンダクモンガキングギドラ

クライマックスで目立った活躍をするゴジラアンギラスマンダは新作造形、ゴロザウルスミニラは近年の造形と実にわかりやすい選択である。

当初タイトルは『怪獣総進撃命令』であり、企画段階では『怪獣忠臣蔵』という企画名であった。検討用台本の段階では、アンギラス、ゴロザウルス、ミニラは入っておらずマグマエビラが含まれていた。

SFブームと宇宙開発ブームの最盛期に製作された作品。モダンなデザインで造形されたSY-3号の活躍ぶりが印象的。

ストーリー編集

20世紀末(劇中の新聞では1994年)、国連科学委員会は硫黄島に宇宙港を建設する一方で、世界の脅威だった怪獣達を小笠原諸島の島(通称「怪獣ランド」)に集め、平和裏に監視・研究していた。

しかし怪獣ランドに突然謎の毒ガスが充満し、その直後怪獣達が主要都市に出現して暴れ始めた。原因を突き止めるべく、国連科学委員会は月ロケットムーンライトSY-3艇長の山辺克男に怪獣ランドの調査を依頼。

早速調査に向かった彼らは、怪獣ランドの職員達によって怪獣達がリモートコントロールで操られていることを知る。更に、その職員達を操るキラアク星人が姿を現し、恐るべき地球侵略計画が明らかになる。

キラアク星人編集

怪獣ランドで保護されていたゴジラなどの怪獣達をコントロールして地球制圧をもくろんだ。半径2000キロまで電波が届く送信機(精巧にカモフラージュされている)で怪獣と怪獣ランドの職員をコントロールして破壊・妨害活動を行なった。

尼僧に似たケープを着た女性型の生命体として姿を現わしたが、その正体は鉱物生命体で高温下でないと女性の姿を維持できない(低温下では人頭大の岩のような姿をしている)。従って、それまでの東宝特撮に登場したミステリアンナタール人とは逆に低温が弱点である。

地球怪獣を操ることが出来なくなると「地球の怪獣が宇宙の怪獣を倒すことはできない」として集結した地球怪獣に対しキングギドラ1体を差し向けるという愚行を犯す(過去、キングギドラはゴジラとラドンの2体にも負けている)。キングギドラが倒された後、最後の手駒として、高速で飛行する炎の怪獣「ファイヤードラゴン」を差し向ける。100メートル程の炎に覆われた巨体にラドンすらも近づけず、地球怪獣は打つ手なしとなったが、ムーンライトSY-3号の攻撃で撃墜されてしまう。ファイヤードラゴンの正体はキラアク星人の円盤であった。

名前の由来は忠臣蔵吉良上野介の「キラ」と「悪(アク)」より。前述のとおり、当初『怪獣忠臣蔵』という企画であったためにこの名称となった。

スタッフ編集

キャスト編集

備考編集

  • 登場怪獣の数は『ゴジラ FINAL WARS』が公開されるまではゴジラシリーズで最も多かった。
  • 海外版予告編ではゴロザウルスがバラゴンとして紹介されていた(実際に劇中でも地底怪獣と呼称されている)。
  • 国内盤DVDの特典には1972年頃発売された8mm+ソノシート「巨竜マンダ」「怪獣オリンピック」「オール怪獣集合せよ」とそれぞれとセットの絵本が収録。劇場用予告編はオリジナル紛失のため、『ゴジラ電撃大作戦』の予告編が収録されている。
  • 帰ってきたウルトラマン』第1話のタイトルは本作と同じで監督も本多猪四郎。

テンプレート:モスラ映画作品 テンプレート:ゴジラ テンプレート:Movie-stubit:Gli eredi di King Kong nl:Destroy All Monsters no:Destroy All Monsters sv:Alla monster skall förstöras

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は怪獣総進撃にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki