FANDOM


テンプレート:漫画恋の門』(こいのもん)は、羽生生純作のストーリー漫画1998年から2001年にかけて漫画雑誌、コミックビームにて連載された。同作品は2004年大人計画松尾スズキ監督のもとで映画化されている。

羽生生純の初めての長編ストーリー漫画であり、主人公・門とヒロイン・恋乃の恋愛ストーリーを基軸とした作品である。また、羽生生純の代表作である。連載時に単行本として出版されているが、映画化に際してハンディ版の単行本が出版されている。

主人公の石に固執する元ネタはつげ義春の「無能の人」からである。

あらすじ 編集

主人公の蒼木門と、恋人の証恋乃の一風変わったラブストーリー。

主な登場人物 編集

蒼木 門(あおき もん)
石で漫画を描くことに執着する自称漫画芸術家。
証 恋乃(あかし こいの)
コスプレマニアの同人作家。
毬藻田(まりもだ)
漫画バー店長、元売れっ子漫画家。

映画版 編集

松田龍平酒井若菜主演のラブコメ。石で漫画を描く童貞の門(松田龍平)とコスプレと漫画を描くことが趣味の恋乃(酒井若菜)とのドタバタラブコメディ。松尾スズキの初監督映画作品。第61回ヴェネチア国際映画祭(国際批評家週間)に出品された。

漫画が主題の作品だけにコミックマーケットの場面では、河井克夫安野モヨコ(旦那の庵野秀明も出演)、しりあがり寿内田春菊ジョージ朝倉、羽生生純本人など、多くの漫画家が出演している。

キャスト 編集

テーマ曲 編集

スタッフ 編集

関連リンク 編集


テンプレート:Manga-stub

fr:Otakus in Love

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は恋の門にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki