FANDOM


</tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr></tr>

</table>

息子』(むすこ)は、1991年公開の日本映画。製作・配給会社は松竹で、監督は山田洋次椎名誠小説倉庫作業員』を原作として山田と朝間義隆が脚本を担当。岩手県の山奥で暮らす父親と、都会でフリーターを続ける息子との葛藤と心の変化を描いた社会派ドラマ。第15回日本アカデミー賞や第65回キネマ旬報ベスト・テンなど、数多くの映画賞を受賞した。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 東京の居酒屋でアルバイトをしている哲夫は、母の一周忌で帰った故郷の岩手でその不安定な生活を父の昭男に非難される。その後、哲夫は下町の鉄工所で働くようになる。その取引先で征子という美しい女性に好意を持つが、彼女は聴覚に障害があることを知り、衝撃を受ける。上京してきた父は征子と仲睦まじい哲夫の様子を見て安心する。そんな父に哲夫は征子を紹介し結婚したいと告げる。

スタッフ 編集

キャスト 編集

受賞/ノミネート 編集

第15回日本アカデミー賞 編集

  • 最優秀作品賞/最優秀主演男優賞/最優秀助演男優賞/最優秀助演女優賞/新人俳優賞
  • 優秀監督賞/優秀音楽賞/優秀撮影賞/優秀照明賞/優秀美術賞/優秀録音賞/優秀編集賞

第65回キネマ旬報ベスト・テン 編集

  • 委員選出日本映画部門第1位/監督賞/主演男優賞/助演男優賞/助演女優賞

第46回毎日映画コンクール 編集

  • 日本映画大賞/監督賞/男優主演賞/撮影賞/日本映画ファン賞

第4回日刊スポーツ映画大賞 編集

  • 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演男優賞/助演女優賞

その他 編集

  • 第34回 ブルーリボン賞 助演男優賞
  • 第16回 報知映画賞 作品賞/主演男優賞
  • 第15回 山路ふみ子映画賞 福祉賞/新人賞

テンプレート:先代次代


息子
</th></tr>
監督</th> 山田洋次
製作総指揮</th> 大谷信義
製作</th> 中川滋弘
深澤宏
脚本</th> (原作)
椎名誠 『倉庫作業員』
(脚本)
山田洋次
朝間義隆
出演者</th> 三國連太郎
永瀬正敏
和久井映見
田中隆三
原田美枝子
音楽</th> 松村禎三
撮影</th> 高羽哲夫
編集</th> 石井巌
配給</th> 松竹
公開</th> 1991年10月12日
上映時間</th> 121分
製作国</th> 日本
言語</th> 日本語
allcinema</th></tr>
キネマ旬報</th></tr>
allmovie</th></tr>
IMDb</th></tr>
  
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は息子 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki