FANDOM


テンプレート:文学悪魔が来りて笛を吹く』(あくまがきたりてふえをふく)は、推理作家横溝正史が著した長編推理小説、および、それを原作とした映画テレビドラマ作品である。現在(2007年1月)までに映画2本、テレビドラマ4作品が制作されている。

大戦後の混乱と貴族没落、インモラルな性描写を濃厚に示す作品である。帝銀事件斜陽などの要素を取り込み横溝が得意とした田舎の因習とはまた異なった陰惨さや本格推理小説の定番「密室殺人」を扱い、他作品とは違った雰囲気をかもし出し作者の人気作品のひとつとなっている。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 昭和22年(1947年)9月28日金田一耕助の元を訪れたのは、この春、世間をにぎわした天銀堂事件の容疑を受け失踪し、4月14日、信州霧ヶ峰でその遺体が発見された椿英輔・元子爵の娘、美禰子(みねこ)だった。

「……父はこれ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことは出来ないのだ。由緒ある椿の家名も、これが暴露されると、泥沼のなかへ落ちてしまう。ああ、悪魔が来りて笛を吹く。……」

父が残した遺書を持参した美禰子は、母・テンプレート:Unicode[1](あきこ、以下「秋子」)が父らしい人物を目撃したと怯えていることから、父が本当に生きているのかどうか、明晩、砂占いを行うことになったことを説明した後、金田一耕助にその砂占いへの同席を依頼する。そしてその砂占いの後、椿邸に居候している玉虫公丸・元伯爵が何者かによって殺されてしまう…。

  1. テンプレート:Unicode」([1])は火偏に禾だが、一部の日本語環境で表示できないため、「秋」の字を用いる。

登場人物 編集

  • 金田一耕助(きんだいちこうすけ)…私立探偵
  • 等々力大志(とどろきだいし)…警視庁警部
  • 出川(でがわ)…警視庁刑事
椿家
  • 椿英輔(つばきひですけ)…椿家当主、元子爵、約半年前に自殺
  • 椿秋子(つばきあきこ)…英輔の妻
  • 椿美禰子(つばきみねこ)…英輔の娘、依頼人
  • お種(おたね)…椿家女中
  • 三島東太郎(みしまとうたろう)…椿家書生、英輔の旧友の息子
  • 信乃(しの)…秋子の乳母
  • 目賀重亮(めがじゅうすけ)…秋子の主治医
新宮家
  • 新宮利彦(しんぐうとしひこ)…秋子の兄、元子爵
  • 新宮華子(しんぐうはなこ)…利彦の妻
  • 新宮一彦(しんぐうかずひこ)…利彦の息子、美禰子の従兄
玉虫家
  • 玉虫公丸(たまむしきみまる)…秋子、利彦の伯父、元伯爵で元貴族院議員
  • 菊江(きくえ)…公丸の小間使い
河村家
  • 河村辰五郎(かわむらたつごろう)…植木職人、空襲で死亡
  • 河村駒子(かわむらこまこ)…辰五郎の娘、出家して尼になっている、法名は妙海
  • 河村治雄(かわむらはるお)…辰五郎の養子、現在行方不明
  • 河村小夜子(かわむらさよこ)…駒子の娘、戦時中に自殺


  • 飯尾豊三郎(いいおとよさぶろう)…天銀堂事件の最有力容疑者         

映像化リスト 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

関連項目 編集

  • 帝銀事件(天銀堂事件のモデル)
  • 金田一京助 - 第25章「アクセントの問題」で言及されている「ぼくと同姓の言語学者」のモデル。

テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は悪魔が来りて笛を吹くにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki