FANDOM


テンプレート:Otheruses

愛のコリーダ
L'Empire Des Sens
監督 大島渚
製作 アナトール・ドーマン
若松孝二
脚本 大島渚
音楽 三木稔
撮影 伊東英男
編集 浦岡敬一
配給 東宝東和
ギャガ (2000年)
公開 1976年10月16日 日本の旗
2000年12月2日 日本の旗
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
テンプレート:FRA
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  

愛のコリーダ』 (あいのコリーダ、仏:L'Empire des sens、英:In the Realm of the Senses)は、1976年公開の日本フランス合作映画大島渚監督、藤竜也松田英子主演。

題名の「コリーダ」はスペイン語闘牛を意味する「Corrida de toros」(牛の走り、la corridaのみでも闘牛を指す)からとっている。 フランス語の題名 L'Empire des sens (官能の帝国)は、 ロラン・バルトによる日本文化論 L'Empire des signes (邦題 『表徴の帝国』)にちなむ。

昭和史に残る「阿部定事件」を題材に、男女の愛欲の極限を描く。作品内容は神代辰巳監督の 『四畳半襖の裏張り』 (1973年)に大きな影響を受けており、大島自身も制作に当たって一番参考にした作品であることを認めている。ちなみに吉蔵が定の性器に卵を入れる描写がある。 2000年に「完全ノーカット版」としてリバイバル上映された。

あらすじ編集

テンプレート:Sectstub

スタッフ編集

キャスト編集

関連項目 編集


テンプレート:Movie-stub de:Im Reich der Sinnefr:L'Empire des sens he:אימפריית החושים hr:Carstvo čula hu:Az érzékek birodalma ko:감각의 제국 pt:Ai no corrida ru:Коррида любви (фильм)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は愛のコリーダにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki