FANDOM


戦争と人間
ワイド
監督 山本薩夫 
脚本 五味川純平
音楽 佐藤勝
撮影 姫田真佐久
編集 円治睦夫
配給 日活
上映時間 9時間23分
製作国 日本
言語 日本語
  


戦争と人間』(せんそうとにんげん)は、1970年1973年に公開された三部作の日本映画五味川純平の同名大河小説『戦争と人間』の映画化作品で、日本映画史上最大の9時間23分にわたる日活配給による戦争大河超大作である。全部で三部構成されており、大規模な戦闘シーンは、ソ連軍の協力で撮影された。当初は四部作を予定していたが、豪華キャスト・本格的な戦闘シーン・海外ロケと日本の映画史上でも屈指の大作であったため、結果的に予算が続かず、第三部で完結を強いられた。

  • 第一部「運命の序曲」 1970年/197分
  • 第二部「愛と悲しみの山河」 1971年/179分
  • 第三部「完結編」 1973年/187分

内容 編集

1931年満州事変前夜から1939年ノモンハン事件までを背景に、様々の層の人間の生き様から死に様までを描いている。 そして、その後の太平洋戦争に至る経緯について丁寧に表現されている。 日本の立場を侵略行為と明確に定義付け、歴史的検証に基づいて製作された。

キャスト 編集

第一部 編集

第二部 編集

第三部 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は戦争と人間 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki