FANDOM


テンプレート:文学 拝啓天皇陛下様(はいけいてんのうへいかさま)は、棟田博による兵隊小説。及びこれを原作とした、松竹製作の喜劇映画1963年4月28日公開。

同作品公開翌年である1964年には、ほぼ同じキャスト・スタッフで「続・拝啓天皇陛下様」が公開されている。

解説 編集

漢字がほとんど読めず、カタカナしか書けない純朴な男が、兵役義務により訓練兵となるところから物語ははじまる。戦友であり良き理解者でもある棟本博との数年に及ぶ関係を軸に構成されている。

棟本博の戦後の回想が舞台となっており、映画では棟本のナレーションが入る。

公開映画 編集

スタッフ 編集

出演 編集

あらすじ編集

テンプレート:ネタバレ 昭和6年1月10日、岡山の歩兵第十連隊に兵役義務として棟本博は兵役検査(甲種)を受けていた。棟本はそこで同じ隊に所属してきた不思議な男、山田正助と出会う事になる。新米の1年訓練兵は2年兵の原一等兵から厳しいシゴキを受けるが、山田は三度の飯が食えて風呂にまで入れる軍隊がお気に入りであり、まるで天国だと棟本にもらす。ある休日に花街である中島に出かける2人であったが、そこで先輩兵の原一等兵とは知らずに、襖越しにからかってしまい大目玉を食らう。 これをキッカケに山田は原に対し復讐することを皆に誓うのであった。原が満期除隊の時に復讐するつもりであったが、山田は原一等兵の山田に対する優しい一面を見てしまい、復讐の気持ちが揺らいでしまう。そして除隊の日、山田は相撲で原を怪我させてしまう。

山田と棟本は2年兵へとなったが、今度は逆に新米1年兵をシゴキはじめるのである。ある日、山田が泥酔し門限を破ってしまい、5日間営倉へ入る懲罰を受ける事になってしまった。教官であり中隊長の堀江は情に熱い人物であり、山田が居る営倉に入り共に正座するのである。晴れて山田の懲罰が解けたある日、堀江中隊長は山田に読み書きを勉強させようと、1年兵で代用教員でもある柿内二等兵を家庭教師として専属に付ける。乗り気ではなかった山田も次第に読み書きが出来るようになり、少年倶楽部(のらくろ)も読めるようになっていく。また堀江は、無一文で入隊した山田に対し、除隊の際に着て欲しいと着物をプレゼントするほか、果樹園で働けるように手配するなど、山田に大変親切に接した。

昭和7年11月、秋季大演習にて天皇陛下がご臨席する事となった。実物は勿論のこと、写真ですら天顔を見た事が無かった山田は、勝手に鬼の形相を想像していた。だが、実際の陛下の優しい顔立ちに感激してしまい、親しみを抱く様になる。

昭和12年、一旦除隊してから再び徴兵により入隊していた山田は、南京が陥落したことを知る。周囲は「これで戦争が終わる」と喜ぶものの、帰るところがなく、軍隊が天国だと思っている山田は、自分だけは軍隊に残してもらおうと、「拝ケイ天ノウヘイカサマ…」と手紙を書き始める。しかし、天皇に直訴することは不敬罪に当たるとして書きかけの手紙を棟本に取り上げられてしまう。その後、棟本は戦闘で重傷を負い退役、自らの経験を「分隊長日誌」として出版一躍人気作家となり各地へ講演を行った際、炭鉱夫として働く山田と再会する。

やがて敗戦。従軍作家としての職を失い失意の底にあった棟本夫妻のもとに浮浪者のような形相の山田がひょっこり現れる。同じ長屋暮らしの戦争未亡人手島国枝に恋心を懐いた山田は華厳の滝の滝壺から自殺者を収容する職を得、手島と暮らす日を夢見るがあえなく振られてしまう。ある日いつものように現れた山田は土産と称し生きたニワトリを持参し捌いてみせるが棟本に出所を聞かれ「徴発じゃ」と答えた山田に棟本は「日本人同士で盗みを働くとは何事か!」と烈火のごとく怒り山田を追い返してしまう。

数年がたち世間が朝鮮特需で沸き、ようやく作家として暮らしていけるようになった棟本夫妻のもとにまたしても山田が現れた。戦争未亡人の井上セイ子と結婚するので仲人を頼みに来たのだった。喜んだ棟本夫妻は快諾し山田共々準備を始めたある夜、井上セイ子相手に痛飲泥酔した山田は国道を横断中トラックに撥ねられ即死してしまう。映画の最後に「陛下よ 陛下の赤子の最後の一人が今夜戦死致しました」と表示し終了する。


テンプレート:Movie-stub テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は拝啓天皇陛下様にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki