FANDOM


テンプレート:文学放浪記』(ほうろうき)は、作家林芙美子の自伝小説作品。

森光子の舞台作品としても有名で、菊田一夫脚本で1961年に東京の芸術座で初演され、公演回数は1900回を越えた。2008年からシアタークリエにて上演。放浪記 (戯曲)参照。映画化は過去に三度ある。

あらすじ 編集

「私は宿命的な放浪者である。私は古里を持たない…したがって旅が古里であった」との出だしで始まる「放浪記」は、第一次大戦後の暗い東京で、飢えと絶望に苦しみながらも、したたかに生き抜く「私」が主人公。 作家の林芙美子の自伝小説である。

尽くした「島の男」との初恋に破れ、夜店商人、セルロイド女工、カフエの女給などの職を転々とする。 ひどい貧乏にもめげず、あっけらかんとした姿が多くの読者をひきつけ、ベストセラーとなった。

森光子主演の舞台で、「あら、エッサッサァ」と踊る場面は有名であるが、夜はカフェで働きながら詩を書き続ける芙美子の1シーン。 有名な「でんぐり返り」は、芙美子が作品が雑誌に掲載された喜びからみせたものとされるシーン。 (原作にでんぐり返りがあるかは、未確認)

映画 編集

1935年版 編集

1935年6月1日公開。P.C.L.映画製作所製作。

キャスト 編集

スタッフ 編集

1954年版 編集

1954年4月7日公開。東映製作。

キャスト 編集

スタッフ 編集

1962年版 編集

1962年9月29日公開。宝塚映画(現・宝塚映像)製作。東宝配給。東宝創立30周年記念映画として公開された。

キャスト 編集

スタッフ 編集

TVドラマ 編集

テンプレート:ドラマ 1974年1月7日3月1日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト 編集

スタッフ 編集

テンプレート:節stub

作品の変遷 編集

テンプレート:前後番組


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub テンプレート:Tv-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は放浪記にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki