FANDOM



新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』は、1997年3月15日に全国東映東急系で公開された日本アニメ映画1995年10月4日 - 1996年3月27日テレビ東京系列で放送されたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の劇場版第1弾である。本作は、TVシリーズ(第壱話~第弐拾四話)の再構成である『DEATH』編と、第弐拾五話のリメイク(実態は完全新作)の前半部分『REBIRTH』編の2部構成となっている。なお、サブタイトルの「シト新生」は、DEATH & REBIRTH の直訳「死と新生」と「使徒新生」とを掛けている。略称「春エヴァ」。

概要 編集

これまでとは一転、主人公たちの内面を描いたTVシリーズ第弐拾伍話と最終話の2話は、放送直後から大きな反響を呼んだ。これまで張られていた伏線や謎の回収を完全に放棄した最終2話は、一般的な作劇の方法から見れば物語の完結と言えるものではなかった[1]

そのためTVシリーズ放映終了1ヶ月後の1996年4月に、最終2話は当初の脚本に沿った形でリメイクし、既に順次発売されていたVHSとLDでソフトとして発売すること、次いで最終2話のリメイクとは別の完全新作の劇場版の制作・公開が発表された[2]。その後この二つの企画は連動し、1996年11月1日に東京都内において記者会見が開かれ、そこで1997年春にTVシリーズの総集編とリメイク版第25話・26話をセットにした完結編『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』が、同年夏には完全新作の劇場版が公開されることが発表された。

前売券発売開始日の1996年11月23日には、早朝からオリジナルテレホンカード付きの前売券を購入するファンが行列を作り、一般メディアでも報道されたほどであった。

しかし、『REBIRTH』編の制作が1997年春の公開に間に合わない事が判明し、映画公開1か月前の1997年2月14日に緊急記者会見が開かれ、その席上庵野秀明総監督が謝罪を行い、春の映画では『DEATH』編と制作途中の『REBIRTH』編が公開され、夏に完全版『REBIRTH』編となるTHE END OF EVANGELIONが公開されることが発表された。また既に販売されていた春の映画の前売り券は、未使用のものに限り夏の映画でも使えるとの措置がとられた。また、同じく夏に公開が予定されていた「完全新作の劇場版」は幻の企画となってしまった。

このような分割公開という異例な展開を迎えたものの、1997年3月15日の公開後は興行1位を記録し、配給収入11億(興行収入18.7億)の大ヒットとなった。

『DEATH』編 編集

TVシリーズ(第壱話~第弐拾四話)を再構成・一部修正し、幾ばくかの新作シーンが追加された総集編である。しかし時系列を無視してまとめたものであるため、TVシリーズを見ていない者には物語を理解できるとは言い難い。また、制作者も初見の者は念頭に置いておらず一見さんおことわりとのこと。

『DEATH』編は、後に修正版『DEATH (TRUE)』(WOWOWオンエア版)と再修正版『DEATH (TRUE)2』(1998年公開『REVIVAL OF EVANGELION』版)が公開されており、現在映像ソフトで見られるのは『DEATH (TRUE)2』のみである。オリジナルの『DEATH』編で制作された新作シーンの多くは後の修正版でカットされ、VHS版やLD版で増補された弐拾壱話から弐拾四話へと転用されている。この修正版でカットされたシーンに関しては、角川書店から発刊された本作のフィルムブック(『DEATH』編のみの収録)で確認する事が出来る。また、録音も新たに施されている。

『REBIRTH』編 編集

『REBIRTH』編は、上記の理由によりリメイク版第25話「Air」の前半部分までの公開となった。具体的にはEVAシリーズが上空より旋回してくるところで、主題歌である魂のルフランが流れ、スタッフロールとなる。内容が次作の『THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』と重複するため、2003年に発売されたリニューアル版DVDには収録されておらず、現在映像ソフトで見られるのはVHS、LD及び初期にリリースされたDVDのみである。

ストーリーについての詳細は、新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君にを参照。

主要登場人物 編集

その他の登場人物については、新世紀エヴァンゲリオンの登場人物を参照。

スタッフ 編集

劇中音楽 編集

予告編 編集

  • 第2弾予告:ジュゼッペ・ヴェルディレクイエム』より「怒りの日 (Dies irae)」を使用。フラッシュカットを多用した演出となっており、また『REBIRTH』編のコンテや映像、台詞なども入っている。しかし本来予定されていた『REBIRTH』編が制作途中の部分までの公開となったため、次回作『THE END OF EVANGELION』のみでしか聴くことが出来ない台詞も流れている。

その他 編集

脚注 編集

  1. 製作者もそのことは承知していたようである(参考:シト新生パンフレットなど)。
  2. 『アニメ様の七転八倒』第60回 小黒祐一郎

テンプレート:新世紀エヴァンゲリオン

de:Neon Genesis Evangelion: Death & Rebirthes:Evangelion: Death and Rebirth it:Neon Genesis Evangelion: Death & Rebirth ko:신세기 에반게리온 극장판 DEATH & REBIRTH 사도신생 pl:Shin seiki evangerion gekijō-ban: Shitō shinsei sv:Evangelion: Death and Rebirth

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。