FANDOM


新宿泥棒日記』(しんじゅくどろぼうにっき)は、1969年に公開された、大島渚監督映画作品である。黒白の94分でパート・カラー、スタンダード。創造社制作、ATG配給。

概要編集

一九六八年夏の土曜日午后五時半、新宿紀伊國屋書店。青年(横尾忠則)が本を万引きして店を出ると、彼の手首を若い女(横山リエ)の手が掴む。彼女は店員として彼を社長田辺茂一氏のところへ突き出すのだった。青年は女に「明日また」と再犯を予告して実行し、女は青年をまた社長の前へ突き出す。社長は自著『裸像との対話』を青年に「謹呈」して、万引きをいちいち連れてこなくていいと女に言う。女は「このお店と社長さんが好き」な偽店員なのであった。

青年は万引きをして女に手を捕まれたときに「あやうく射精しそう」なほど亢奮し、一方の女も偽店員をとても楽しそうに演じるのだが、ふたりはいざ性交をしても、「ぜんぜん」盛り上がらず、困ってしまう。この状況を打開すべく、彼らは性科学者高橋鐵氏のもとへ言って話を聞いたり、飲み屋で創造社の俳優諸氏のセックス談義を聴いたりするが、どうもピンと来ない。

ふたりの物語は、セックスとは何かを問いながら、当時のアンダーグラウンド文化のなかで幻想的な展開を見せてゆく。

スタッフ編集

配役編集

参考文献編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は新宿泥棒日記にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki