FANDOM


日本のいちばん長い日
監督 岡本喜八
製作 藤本真澄
田中友幸
脚本 橋本忍
出演者 三船敏郎
黒沢年男
笠智衆
音楽 佐藤勝
撮影 村井博
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗1967年8月3日
上映時間 157分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  

日本のいちばん長い日』(にほんのいちばんながいひ)は、1967年に公開された日本映画。製作及び配給は東宝1965年に発表された大宅壮一ノンフィクション『日本のいちばん長い日』(出版:文藝春秋)を東宝の35周年記念作品として映像化した。白黒映画。

概要 編集

タイトルの「日本のいちばん長い日」とは、閣僚等が御前会議において太平洋戦争大東亜戦争)終結を決定した昭和20年1945年8月14日の正午(12:00)から、国民に対してラジオ日本放送協会)の玉音放送を通じポツダム宣言受諾を知らせる8月15日正午(12:00)までの24時間を指す。

陸軍将校の暴発(「8・15宮城事件」)や厚木飛行場小園安名大佐の反乱(悩乱)、政府首脳等の苦衷を通して大日本帝国最後の1日を中心に描く。テーマとは別に異常なまでのカットバックナレーションの多さも映画ファンの間に議論を沸騰させた。今日でも脚本家「橋本忍」論の重要なテーマである。

作者は「一億総白痴」「駅弁大学」などの名言を残した批評家の大宅壮一とクレジットされているが、当時文藝春秋社員だった作家の半藤一利の作品である。俳優陣も三船敏郎以下豪華な顔ぶれとなり、いわゆるオールスター映画とされる。

ラストの青年将校たちが疾走する砂利が敷かれた広場は本物の皇居二重橋前であり手持ちのカメラも含めて撮影許可は下りない場所である。監督の岡本喜八は逮捕を覚悟の上でゲリラ的にロケを敢行したとされる。

スタッフ 編集

配役 編集

注釈編集

  1. この人物はフィクションである。航空士官学校上原大尉と、通信学校窪田少佐をミックスさせた人物である。諸氏の証言では上原大尉が殺害犯とされるものが大勢だが、窪田氏は戦後も生き残っており、自身こそが森師団長を殺害した、と雑誌等に証言していた。

関連項目 編集

著書 編集

半藤一利:日本のいちばん長い日―運命の八月十五日(文藝春秋)ISBN 4163503609

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は日本のいちばん長い日にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki