FANDOM


時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は1983年7月16日に公開された大林宣彦監督、原田知世初主演の日本映画。筒井康隆ジュブナイルSF小説時をかける少女』の最初の映画化作品。大林宣彦の「尾道三部作」(他の2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられ、ロケの多くを広島県尾道市(一部は竹原市)で行っている。

主演の原田知世は、第7回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

高校1年生の芳山和子は3月、学校のスキー教室に来ていた。夜、幼馴染の堀川吾朗と話している場に同級生の深町一夫が現れる。3人が集合場所へ戻り、皆が揃って下山しようとするとなぜか一夫のスキーセットだけが見当たらない。一夫は帰路の列車では途中の駅で野草を摘む。

新学期となった4月16日の土曜日。和子と一夫、そして吾朗は放課後に当番で理科教室の掃除をする。吾朗と一夫にカバンを取りに行かせ、和子が1人理科教室にいると、無人のはずの隣の実験室から物音が聞こえた。和子が実験室に入ると白い煙が漂っており、それを嗅いだ和子は気を失い倒れてしまう。吾朗と一夫に保健室に運ばれた和子は、実験室で起きたことを話したところ、吾朗はそんな形跡はなかったという。2人の先生とともに確かめてみるが実験室は綺麗になっていた。奇妙に思いながらも和子は吾朗と一夫3人で下校する。途中寄り道した一夫の家の温室で、和子は実験室で嗅いだ香りが漂っていることに気付く。「ラベンダーを栽培しているんだ」という一夫。

月曜日、和子は元気に登校する。その夜地震が起き、吾朗の家の辺りで火事が起きていると知った和子は家族の制止も聞かず近くまで行く。心配した一夫もそこにいた。火事が小火とわかって帰宅する途中、和子は何者かに襲われ、気が付くと自室のベッドで目覚めたところだった。その朝、和子が吾朗と昨夜の事件を話しながら歩いていると、突然お堂の屋根瓦が落ちてくる。気が付くと再び和子は部屋のベッドにいた。変な夢ばかり見ると思いながら和子が登校すると、今日は18日の月曜だという。吾朗に昨夜の出来事を話すが吾朗はそれを知らない。さらに植物採集で学校を休むと言っていた一夫も登校していた。授業が始まれば、以前やった問題が出される。和子は訳が分からなくなり、一人悩む。

和子は部活を中退し一夫の家で悩みを相談する。一夫は驚きもせず、和子に起こった出来事を理解しようと論理づけながら話をする。和子はテレポーテーションとタイムトラベルを一緒にしたタイムリープという能力を持ってしまったと話す。「嫌だわ、普通じゃないのって」和子は苦悩する。その夜和子の予期した通り地震が起こる。火事が起こる前の吾朗の家に来ると、そこには一夫も来ていた。「慌てなくても大丈夫って教えてあげようか」という和子に「なんて説明するんだい?」と一夫は答え、2人は吾朗の家を後にする。

和子は幼い頃一夫と事故に遭い、ともに手に傷を負った過去があった。だが、その和子の記憶にある傷跡は一夫の手にはなかった。翌日、登校途中やはりお堂の瓦が落ち、和子は吾朗を助ける。その手にはなぜか傷跡があった。疑問を抱いた和子は、登校せずに一夫の家の温室でラベンダーの香りを嗅ぐと、一夫が植物採集をしている海岸に現れた。

本当のことを知りたいという和子に、一夫は「あの土曜日の実験室に戻る」ことを強く念じるように答える。そして土曜日に戻った和子が実験室に入ると人影がいた…。

評価・影響編集

「時をかける少女」の映像化作品としては、NHK少年ドラマの『タイム・トラベラー』以来のものであったが、本作は尾道・竹原の情景や叙情性にあふれる演出、若々しい原田知世の演技が人気を集め、その後の同作の映像化作品には少なからぬ影響を与えることになった。

青少年層を中心に多くのファンを獲得し、漫画・アニメ業界人のゆうきまさみ出渕裕とり・みきといった人々が本作について書いたり語ったりしたことでさらにそれが広がった一面もある(上記の3人のうち2人は、本作の翌年に原田主演で撮影された『天国に一番近い島』の一般エキストラに参加するほどであった。また、ゆうきは、原田が出演したテレビドラマ『ねらわれた学園』と内容をミックスしたパロディ漫画「時をかける学園」(「ねらわれた少女」とルビ)を執筆している)。

キャスト編集

スタッフ編集

ロケ地編集

裏話 編集

テンプレート:未検証

  • この映画を作るきっかけは転校生をとても気に入った角川春樹からのラブコールであった[1]
  • 原作、シナリオでは浅倉姓である吾朗の姓が「堀川」となっているのは、竹原市に実在する醤油店を吾朗の実家として撮影する際、美術が立派な看板を作るので、撮影後も看板を記念に残して使えるようにとの配慮から直前になって変更したためで[2]、看板はその後も長い間醤油店の店先に掛けられていた。
  • 原田知世が作中で着ている赤いカーディガンは、彼女のファンからの贈り物である。
  • 主題歌のPV風のエンディングは、本編の撮影のあとそれぞれのパートで歌う場面を撮影し、それを編集してつないだものである[1]
  • 作品のキーとなる「桃栗三年柿八年」の歌は監督の大林が作曲したオリジナルのもの[1]
  • 本作のカレンダーは公開された1983年のものとなっている。またラストの場面が1994年に設定されたのは、この年の日付と曜日の対応が1983年とまったく同じであることが理由であった。[2]
  • 本編中に映る桜は実際のロケ時にはまだ開花しておらず、登校シーンなど多くのカットはマット合成と散る花びらを用いることによって表現している。[2]
  • 高林陽一扮する不気味な主人が登場する時計店「日の出堂」の名前は、原田知世の進学が決まっていた「日出女子学園高等学校」にちなんだもの。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 角川ヘラルド発売のDVDに収録された大林宣彦インタビューによる
  2. 2.0 2.1 2.2 イメージフォーラム1983 8月号 No.35製作ノート〈時をかける少女〉

テンプレート:Movie-stub


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は時をかける少女 (1983年の映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki