FANDOM


テンプレート:文学本陣殺人事件』(ほんじんさつじんじけん)は、横溝正史が著した長編推理小説である。1946年4月から同年12月まで、「宝石」誌上に連載された。横溝は本作で1948年第1回探偵作家クラブ賞を受賞した。

金田一耕助シリーズ第一弾。降り積もった雪で囲まれた日本家屋での密室殺人を描く。2007年1月現在映画2本、テレビドラマ3作品が制作されている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

昭和12年(1937年11月25日岡山県の旧本陣の末裔・一柳家の屋敷では、長男・賢蔵と久保克子の結婚式が執り行われていた。式には一柳家から賢蔵の母・糸子、三男・三郎、長女・鈴子、分家・良介と久保家から克子の義父・銀造が顔を揃えていた。式は、鈴子が琴を披露するなどして、何事もなく終了した。

その夜遅く、屋敷内に只ならぬ悲鳴と、激しい琴の音が響き渡った。銀造らが夫婦の寝室である離れへ駆けつけると、夫婦が布団の上で血塗れになって斃れていた。庭の中央には血に染まった日本刀が突き刺さっており、周囲には足跡一つ残っていなかった。周りに降り積もった雪のために、離れは完璧な密室状態と化していた。

解説 編集

この作品は、日本初の本格的推理小説とも言われ、それまで日本家屋には不向きとされていた密室殺人を戦後初めて描いた作品としても知られる。また日本の名探偵の代名詞といえる金田一耕助のデビュー作でもある。

物語は作者が人伝いに聞いた話を纏めたという形式をとっている。映像化は早くも小説発表の翌年1947年に映画が製作・公開されているが、このとき片岡千恵蔵が演じた金田一は、戦前からの名探偵(明智小五郎など)のイメージを踏襲したスーツ姿で登場する。さらに1975年の二度目の映画版では中尾彬が金田一を演じたが、この時は当時の世相を反映したジーンズ姿で登場した(ちなみに横溝正史はこの中尾金田一をたいそう気に入っていたという)。

実在する地名が使われているためか、現在の文庫本等では村、川、駅の名前の漢字一文字がそれぞれ伏字となっている(清―駅、川―村、岡―村、久―村、高―川といった具合。なお、それぞれ清音駅、川辺村(現倉敷市)、岡田村(現倉敷市)、久代村(現総社市)、高梁川を表す)。

主な登場人物 編集

主要人物 編集

金田一耕助(きんだいち こうすけ)
私立探偵。久保銀造が呼び寄せた。
磯川常次郎(いそかわ つねじろう)
岡山県警部。今回の殺人事件を担当する。
久保克子 (くぼ かつこ)
女学校の教師。ある集会で講演をしていた一柳賢蔵と出会い、結婚するが、離れで賢蔵と共に死んでいるのが発見された。
久保銀造 (くぼ ぎんぞう)
果樹園の経営者で克子の叔父。亡き兄の娘の克子を育て上げた。

一柳家 編集

一柳糸子(いちやなぎ いとこ)
賢蔵らの母。威厳と誇りを崩さないような老婦人。
一柳賢蔵(いちやなぎ けんぞう)
長男で、一柳家の当主で学者。ある集会の講演で久保克子と出会い、それからわずか1年ほどで結婚の意志を伝え、周囲からの反対の声にもめげず結婚するが、離れで彼女と共に死んでいるのが発見された。
一柳妙子(いちやなぎ たえこ)
長女。ある会社員と結婚して、上海に渡航している。
一柳隆二 (いちやなぎ りゅうじ)
次男。大阪の病院に勤務している医者
一柳三郎 (いちやなぎ さぶろう)
三男。兄弟中での不作で、家でごろごろしている。狡猾な所がある。
一柳鈴子 (いちやなぎ すずこ)
次女。病弱で腺病質だが、琴を弾くのは上手である。婚礼の当日で、克子の代わりに琴を弾いた。
一柳良介 (いちやなぎ りょうすけ)
賢蔵らの従兄弟。
一柳秋子(いちやなぎ あきこ)
良介の妻。

その他 編集

お直(おなお)
一柳家に仕える下働きの老婆。
お清(おきよ)
一柳家に使える女中。
源七(げんしち)
作男。
周吉(しゅうきち)
一柳家に仕える小作。
白木静子(しらき しずこ)
克子がかつて勤めていた女学校の教師で親友。
清水京吉 (しみず きょうきち)
右頬に大きな傷跡がある、右手が三本指の男。事件の前々日に一柳家までの道を訪ねた。

映像化リスト 編集

映画 編集

三本指の男 (1947年12月9日
東横映画、監督:松田定次、金田一耕助:片岡千恵蔵
出演/一柳賢蔵:小堀影男、一柳隆二:水原洋一、一柳三郎:青山健吉、一柳鈴子:八汐路恵子、一柳糸子:杉村春子、一柳良介:上代勇吉、久保克子:風見章子、久保銀造:三津田健、久保お徳:松浦築枝、白木静子:原節子、三本指の男:片岡千恵蔵。
本陣殺人事件 (1975年9月27日
ATG、監督:高林陽一、金田一耕助:中尾彬
出演/一柳賢蔵:田村高廣、一柳三郎:新田章、一柳鈴子:高沢順子、一柳糸子:東竜子、一柳良介:伴勇太郎、一柳秋子:山本織江、久保克子:水原ゆう紀、久保銀造:加賀邦男、田谷照三:石山雄大、三本指の男:常田富士男、磯川警部:東野孝彦、白木静子:村松英子

テレビドラマ 編集

横溝正史シリーズ・本陣殺人事件 (1977年5月7日5月21日、全3回、毎日放送系列 金田一耕助:古谷一行
出演/一柳賢蔵:佐藤慶、一柳三郎:荻島真一、一柳鈴子:西崎みどり、一柳糸子:淡島千景、一柳伊兵衛:北村英三、久保克子:真木洋子、久保銀造:内藤武敏、白木静子:松村康世、清水京吉:草野大悟、かね:野村昭子、県警本部長:菅貫太郎、日和警部:長門勇
本陣殺人事件 三本指で血塗られた初夜 (1983年2月19日東京放送系列 金田一耕助:古谷一行)
出演/一柳賢蔵:西岡徳馬、一柳三郎:本田博太郎、一柳鈴子:牛原千恵、一柳糸子:高峰三枝子、一柳伊兵衛:山内明、久保克子:山本みどり、久保銀造:下條正巳、日和警部:ハナ肇
本陣殺人事件 名探偵が挑む怪奇密室殺人の謎!? (1992年10月2日フジテレビ系列 金田一耕助:片岡鶴太郎
出演/一柳賢蔵:本田博太郎、一柳三郎:長岡尚彦、一柳鈴子:小田茜、一柳糸子:佐久間良子、一柳妙子:古手川祐子、久保克子:森口瑶子、女中秋子:吉行和子、田谷照三:赤井英和、白木静子:牧瀬里穂

収録本 編集

  • 横溝正史集 探偵小説名作全集4 (河出書房、1956年5月)
  • 獄門島 横溝正史全集3 (講談社、1970年)
  • 本陣殺人事件 (角川書店、角川文庫、1973年4月)
  • 本陣殺人事件 横溝正史全集5 (講談社、1975年3月)
  • 横溝正史集 日本探偵小説全集9 (東京創元社、創元推理文庫、1986年1月、ISBN 4488400094
  • 岡山 ふるさと文学館39 (磯貝英夫 編、ぎょうせい、1994年6月、ISBN 4324038066
  • 本陣殺人事件 日本推理作家協会賞受賞作全集1 (双葉社、双葉文庫、1995年5月、ISBN 4575658006
  • 本陣殺人事件 金田一耕助ファイル2 (角川書店、角川文庫、1996年9月 ISBN 4041304083
  • 本陣殺人事件 (他2編 、春陽堂書店、1997年12月、ISBN 4394395275
  • 本陣殺人事件 蝶々殺人事件 横溝正史自選集1 (出版芸術社、2006年12月、ISBN 488293308X

関連項目 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は本陣殺人事件にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki