FANDOM


テンプレート:文学杏っ子』(あんずっこ)は、室生犀星長編小説である。1956年11月19日から1957年8月18日にかけて東京新聞夕刊で271回に渡って連載された。原稿用紙換算800枚。同年10月、新潮社刊。

1958年には読売文学賞を受賞。

映画 編集

1958年、東宝により映画化。監督は成瀬巳喜男

キャスト編集


テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は杏っ子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki