FANDOM


テンプレート:Otheruseslist テンプレート:オリンピックインフォメーション 東京オリンピック(とうきょうオリンピック Games of the XVIII Olympiad Tokyo 1964)は、1964年日本東京で開かれた第18回夏季オリンピック

概要編集

日本初であると同時に、アジア初のオリンピック。歴史的に見ると、第二次世界大戦前にも夏季オリンピックの招致に成功したほどの国力を誇った日本が、第二次世界大戦敗戦後の荒廃から19年を経て立ち直り復興を遂げた後、取り組む国家的イベントであり、再び主要先進国として国際社会に復帰するシンボル的な意味を持った。

開会式は10月10日で、開会宣言は昭和天皇によって行われた。閉会式は10月24日。組織委員会会長は安川第五郎。開会式の10月10日は、1966年以降は国民の祝日体育の日として親しまれるようになった(2000年より10月第2月曜日が体育の日)。

大会開催までの経緯 編集

1960年のオリンピック開催地投票でローマに敗れ、1964年の大会に立候補し1959年に行われたIOC総会で開催地に選出。

1964年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目
東京都Flag of Japan 日本34
デトロイトFlag of the United States アメリカ合衆国10
ウィーンテンプレート:AUT9
ブリュッセルテンプレート:BEL5

開催の決定した日本では東京オリンピック組織委員会が組織され、国家予算として国立競技場をはじめとした施設整備に約164億円、大会運営費94億円、選手強化費用23億円を計上した国家プロジェクトとなった。開催にあたり、組織委員会は巨大な東京オリンピック公式ポスターを都市部に設置、デザインは亀倉雄策が手掛けた。

ハイライト 編集

ファイル:東京五輪マラソン折返点001.jpg
ファイル:東京オリンピック聖火トーチ.jpg

実施競技と日程 編集

各競技の詳細については、それぞれの競技のリンク先を参照のこと。

競技名 / 日付101112131415161718192021222324
開会式
陸上競技
競泳競技
飛込競技
水球
体操
柔道
レスリング
自転車
バレーボール
バスケットボール
サッカー
ボクシング
ボート
ヨット
カヌー
フェンシング
ウエイトリフティング
ホッケー
近代五種競技
馬術
射撃
閉会式

公開競技 編集

各国の獲得メダル 編集

テンプレート:Main

1 テンプレート:FlagIOC 36262890
2 テンプレート:FlagIOC 30313596
3 テンプレート:FlagIOC(開催国) 165829
4 テンプレート:FlagIOC 10221850
5 テンプレート:FlagIOC 1010727
6 テンプレート:FlagIOC 107522
7 テンプレート:FlagIOC 761023
8 テンプレート:FlagIOC 621018
9 テンプレート:FlagIOC 56314
10 テンプレート:FlagIOC 412218

主なメダリスト 編集

競技会場 編集

東京23区内 編集

周辺地域 編集

東京都 (23区を除く) 編集

神奈川県 編集

埼玉県 編集

千葉県 編集

長野県 編集

開催に向けての整備 編集

ファイル:Kishi memorial gymnasium.jpg
ファイル:五輪橋 3.jpg

この東京オリンピックの開催にむけて、競技用施設から選手村、公共交通機関などのインフラストラクチャーや観戦客を受け入れるためのホテルに至るまで、東京都内のみならず日本各地において種々の建設・整備がなされた。

競技場等の施設 編集

交通機関・道路等のインフラ 編集

その他編集

世界最初の「テレビ・オリンピック」 編集

東京オリンピックは、オリンピックのテレビ中継技術が格段に向上したことを印象づける大会となった。衛星放送技術を始め、カラー写真・小型のコンパクトカメラの開発などもその特徴である。

日本では1959年ミッチー・ブーム以降テレビ受像機(白黒)の普及が急速に進み、1959年に23.6%だった普及率は1964年には87.8%に達した。当時非常に高価だったカラーテレビ受像機は、東京オリンピックを契機に各メーカーが宣伝に力を入れ始めた。メディアでの昭和世相史に関する記事等で「東京オリンピックの時期にカラーテレビが普及した」という趣旨の記述が見られることがあるが、1965年まではカラーテレビの普及率は数字に現れていない。メキシコオリンピックが行われた1968年の調査でも5.4%で、カラーテレビの普及率が白黒テレビを上回ったのは1973年である。

テレビ購入者が増えたため「テレビ番組」の視聴者も多くなった。その為、娯楽性の高い「バラエティ番組」が増えたといわれる。

聖火 編集

ファイル:Miyazaki HeiwadaiPark Olympic Flame.jpg

その他 編集

  • 新興国競技大会(GANEFO)への参加選手への資格停止処分をめぐり国際陸上競技連盟国際水泳連盟と対立していた北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)とインドネシアは、直前まで参加予定で選手団も日本に来ており、組織委員会は両国の参加を実現すべく両者の間に入り調整を続けていたが対立関係は修復されず、両国とも開会式の前日(10月9日)に不参加届を組織委員会に提出して参加を取りやめた。
  • 会期中に使用された選手村は、旧日本陸軍代々木練兵場跡地で、第二次世界大戦の敗戦後に連合国軍に接収され、連合国軍の1国である駐留アメリカ軍の宿舎敷地で通称「ワシントンハイツ」となっていた924000㎡もの広大な土地の返還を受けて、その中に国立代々木競技場などともに建設された。オリンピックのために新築された4階建ての中層共同住宅形式の宿舎は1965年以降国立オリンピック記念青少年総合センターとして利用された。また、ワシントンハイツ内にあった、いわゆる「米軍ハウス」といわれる低層木造のアメリカ軍宿舎も改修して宿舎として用いられ、その一部は代々木公園内に記念物として保存されている。[1][2]
  • 開会式ではブルーインパルスF-86が上空で五輪のマークを描いたことで話題を呼んだ。
  • 古賀政男作曲のテーマソング「東京五輪音頭」は三波春夫(テイチク)の歌で爆発的にヒットしたが、三橋美智也(キング)、北島三郎畠山みどりによるデュエット(日本コロムビア)、坂本九(東芝)ら他レコード会社専属歌手との競作の1つである。この日本歌謡史上空前の大競作(当時)は橋幸夫(ビクター)が大本命とされていたが、三波のレコードが最もよく売れた。
  • 折からガンで入院していた池田勇人首相は、10月10日の開会式には参加したが、閉会式翌日の10月25日に退陣を発表した。
  • 日本のお家芸と言われた男子体操団体は、ローマ大会に続いて2連覇を果たしたが、前回のローマ大会と東京大会に限って団体総合では1つしかメダルが授与されていない。東京大会では女子も団体で銅メダルを獲得したが、1個のみである。他の団体競技では選手全員にメダルが授与されているので、このようなケースは珍しい[3]
  • 閉会式は誘導のトラブルからこれまでの慣例と違い国別の整然とした行進にならなかったが、そのために却って、各国の選手が入り混じり腕や肩を組み合って入場する感動的なものとなった。その後のオリンピックでは東京方式が採用されるようになった。
  • 案内や誘導、競技種目表示においてピクトグラムが採用されたのは東京オリンピックが最初である。制作にはアートディレクターを務めた勝見勝を中心に粟津潔ほか30名ほどのデザイナーが携わった。競技種目ピクトグラムを制作したのは山下芳郎1人である。
  • 大会後の日本における祝勝会にはメダル取得者が呼ばれていたが、男子バレーボールチームは競技でメダルを取ったにも拘らず、連絡ミスにより参加できなかった。
  • 公募で決まった公式標語は「世界は一つ東京オリンピック」。名古屋の中学生の作品。
  • 本大会には、日本と国交がなく、対立する中華民国と違い世界的にも国家としての承認がなされていなかった中華人民共和国は当初から参加の意思を表明しておらず、また会期中の10月16日に、狙いすましたかのように同国初の核実験を行った。

記録映画 編集

市川崑が総監督を務めて制作された『東京オリンピック』。日本国内での配給収入は12億2321万円を記録。アスリートの心情の表現を重視した演出や、超望遠レンズをはじめとする複数のカメラを使った多角的な描写など、従来の「記録映画」とは全く性質の異なる極めて芸術性の高い作品に仕上げた。しかし、オリンピック担当大臣の河野一郎が「記録性に欠ける」とこれを批判したことから、「記録か芸術か」という論争を呼び起こすことになった。この時の騒動について市川は「要するに河野さんは、馬とかマラソンにうんちくのある方だったんですが、その辺の競技を映画で見たかったのにそれが十分入っていないのが気に食わなかった。作品を全面否定されたわけでも何でもないんです。今から言えば笑い話ですがね」と後のインタビューで語っている(出典:1985年8月27日『朝日新聞』)。

その影響もあってか、英語版では大会組織委員会が再編集を施し、上映時間が日本語版より40分短い作品に仕上げている。一方市川自身も、オリンピック開催40周年を記念して2004年に発売されたDVDには、本人が再編集したディレクターズカットを原版とともに収録している。このディレクターズカット版も、公開当時に全体のバランスから入れざるを得なかった競技や、やや創作に偏り過ぎたというチャドのアスリートのエピソードがカットされたため、公開版より22分短い。

さまざまな波紋を広げながらも、『東京オリンピック』は同年度のカンヌ国際映画祭国際批評家賞受賞。また映画館の他にも日本各地の学校や公民館で上映会が開かれたことから、その観客動員数は事実上日本映画史上最多であるといわれている。

『東京オリンピック』

 英題:Tokyo Olympiad
 イーストマンカラー、35mm ワイドスクリーン (2.35 : 1)
 170分

黛は開会式冒頭のテープ音楽『オリンピック・カンパノロジー』の作曲も担当している。

レコード 編集

※上記のレコード(VSー693)の2曲は公募当選歌で、選定は日本体育協会オリンピック東京大会組織委員会東京都が行い、日本体育協会、オリンピック東京大会組織委員会、東京都、文部省NHK日本民間放送連盟の後援によって1962年に制作された。

記念発行物 編集

ファイル:TokyoOlympic100.jpg
ファイル:TokyoOlympic1000.jpg

東京オリンピック開催が日本にもたらした影響 編集

テンプレート:節stub

  • 東京オリンピックの開催期間には、1964年10月14日のソ連のニキータ・フルシチョフ首相解任、10月16日の中華人民共和国による初の核実験など国際的事件が次々と起こった。これにより、「世界の注目を奪われた面もある」と考えられる一方、激動の世界情勢を反映する場として注視の的になるという面もあったようである。この大会は第二次世界大戦後の「日本の復興」を象徴するのみならず、これらの事件とともに世界史の一つの転換点であった。
史上初の3人乗り宇宙船であるソ連ボスホート1号(1964年10月12日打ち上げ、10月13日帰還)は東京上空を飛行するにあたり、オリンピックに参加する「世界の青年に熱烈なあいさつを」送った。
マーティン・ルーサー・キング牧師ノーベル平和賞受賞が決定したのも、会期中の10月14日のことである(実際の受賞は12月10日)。
イギリス領北ローデシアは閉会式の日にあたる1964年10月24日(日本時間では同日午前7時)にザンビアとして独立したため、開会式と閉会式とで異なる国名となった。選手村の国旗なども同日をもって新国旗に付け替えられた。
  • 東京オリンピック招致に成功したことは、「先進国クラブ」あるいは「金持ちクラブ」とも呼ばれている経済協力開発機構(OECD)にアジアの国としては原加盟国のトルコに次いでの2番目であるが、同機構発足の理由となったマーシャル・プランに無関係の国としては初めて、オリンピック開催に先駆けて1964年4月28日に加盟が認められる大きな背景となった。
  • 東京オリンピック開催を契機に競技施設や日本国内の交通網の整備に多額の建設投資が行われ、競技や施設を見る旅行需要が喚起され、カラー放送を見るためのテレビ購入の飛躍的増加などの消費も増えたため、日本経済に「オリンピック景気」といわれる好景気をもたらした。
  • 特に開催地の東京では、開催に向けて競技施設のみならず地下鉄モノレール新幹線ホテル首都高速道路など様々なインフラストラクチャーの整備が行われ、これらの殆どは現在に至るまで改良を重ねながら利用されている。

2016年 東京オリンピック招致運動 編集

2005年東京都石原慎太郎知事は、2016年の夏季オリンピック開催地に立候補する意向を表明した。

注釈 編集

  1. 代々木競技場の歴史/国立代々木競技場 - 独立行政法人日本スポーツ振興センター
  2. 東京オリンピック選手村宿舎 - 武蔵野・多摩 MTB散歩
  3. 2006年10月19日国際オリンピック委員会ロゲ会長が来日レセプションの会場にて、東京五輪日本代表男子チーム・女子チームの選手全員に対して「シンボル・オブ・リコグニッション」を贈呈。

関連項目 編集

テンプレート:Commonscat

外部リンク 編集

テンプレート:オリンピック

ar:ألعاب أولمبية صيفية 1964 bg:Летни олимпийски игри 1964 bs:XVIII Olimpijske igre - Tokio 1964. cs:Letní olympijské hry 1964 da:Sommer-OL 1964 de:Olympische Sommerspiele 1964eo:Somera Olimpiko 1964 es:Juegos Olímpicos de Tokio 1964 et:1964. aasta suveolümpiamängud fi:Kesäolympialaiset 1964 fr:Jeux Olympiques d'été de 1964 gl:Xogos Olímpicos de 1964 he:אולימפיאדת טוקיו (1964) hr:XVIII. Olimpijske igre - Tokio 1964. hu:1964. évi nyári olimpiai játékok id:Olimpiade Tokyo 1964 it:Giochi della XVIII Olimpiade ko:1964년 하계 올림픽 la:1964 Olympia Aestiva nah:Tōquiō 1964 nl:Olympische Zomerspelen 1964 nn:Sommar-OL 1964 no:Sommer-OL 1964 pl:Letnie Igrzyska Olimpijskie 1964 pt:Jogos Olímpicos de Verão de 1964 ro:Jocurile Olimpice de vară din 1964 ru:Летние Олимпийские игры 1964 sh:Olimpijada 1964 simple:1964 Summer Olympics sl:Poletne olimpijske igre 1964 sr:Летње олимпијске игре 1964. sv:Olympiska sommarspelen 1964 th:โอลิมปิกฤดูร้อน 1964 tr:1964 Yaz Olimpiyatları

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は東京オリンピックにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。