FANDOM


東京上空いらっしゃいませ』(とうきょうじょうくういらっしゃいませ)は、1990年に公開された相米慎二監督の映画。

解説編集

テンプレート:ネタバレ 一度は死んで天国に行ったものの、地上に舞い戻り最後まで一生懸命に生きようとする女性・ユウの姿を描くゴースト・ファンタジー。本作で芸能界デビューとなった牧瀬里穂は、厳しい演技指導で知られる相米監督のもと撮影を見事耐え抜き、同年に公開された映画『つぐみ』と共に毎日映画コンクール新人賞など各賞を受賞した。その後、牧瀬はトップアイドルとして頂点を極め人気を不動のものとし、本格的女優へとさらなる飛躍を遂げた。

あらすじ編集

キャンペーンガールのユウは、スポンサーの専務から関係を求められるが、とっさに車の中から飛び出し、後続車に撥ねられ死んでしまう。だがユウは天国で会った死神のコオロギをだまして地上に舞い戻った。マネージャーの雨宮やスポンサーの専務の白雪は事故を隠蔽しながらキャンペーンを続けていたが、後処理に追われている最中、雨宮のマンションにユウが戻ってきてしまったのだ。ユウはもう学校にも通えない、親にも会えない。自分は死んでしまっていることになっていたのだ。それでもユウはめげずに一から生きていこうと頑張るのである。そんなユウを見ていじらしくなった雨宮は、このままユウを隠しておくのに耐え切れなくなり、スポンサーである白雪に会わせることにする。茫然とする白雪に、事故写真の引き換えにキャンペーンの続行をさせることを持ちかける。その夜、天国に行く決心がついたユウは、雨宮と車の中でキスを交わし、コオロギとともに東京上空に舞い戻るのであった。

キャスト編集

スタッフ編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は東京上空いらっしゃいませにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki