FANDOM


テンプレート:Otheruses

東京物語
200px
監督 小津安二郎
製作 山本武
脚本 野田高梧
小津安二郎
出演者 笠智衆
東山千栄子
原節子
杉村春子
山村聡
三宅邦子
香川京子
東野英治郎
中村伸郎
大坂志郎
音楽 斎藤高順
撮影 厚田雄春
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 1953年11月3日Flag of Japan
上映時間 136分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  

東京物語』(とうきょうものがたり)は、小津安二郎監督、笠智衆主演の1953年制作の日本映画。白黒作品。日本では1953年11月3日に、松竹の配給で公開された。

独立した子供たちの元を訪れる年老いた夫婦と、それをあまり快く思わない子供たちを通して、家族の絆、夫婦と子供、老いと死、人間の一生、それらをシビアに描いたホームドラマである。核家族化と高齢化社会の問題を先取りしていた。

小津映画の集大成とも言える作品で、本作を小津の最高傑作と位置付ける意見も非常に多く、国際的にも非常に有名な日本映画である。「日本映画の最高傑作」とも評され、各国で選定される世界映画ベストテンでも上位に入る常連作品のひとつである。

戦前は映画で軍人の妻を演じることが多かった原節子が、戦争で夫を亡くした未亡人を演じている。笠智衆東山千栄子杉村春子などが、名演を見せている。

登場人物 編集

  • 平山 周吉(ひらやま しゅうきち) - 尾道市在住の72歳の老人。温和な性格で、子供たちから邪険にされても立腹しない。画面に写る笠は老けて見えるが、実は撮影時は48歳である。
  • 平山 とみ - 周吉の妻。68歳。夫、次女・京子と同居。
  • 平山 紀子(- のりこ) - 周吉の次男の修二の妻。会社員。夫は第二次大戦に出兵し戦死した。以降は独身を通している。
  • 平山 京子(- きょうこ) - 周吉の次女。尾道市の小学校の教諭。両親と同居している。
  • 金子 志げ(かねこ しげ) - 周吉の長女。美容師。東京で美容院を経営する。
  • 平山 幸一(- こういち) - 周吉の長男。内科医。東京で内科医院を経営する。

物語 編集

テンプレート:ネタバレ 1953年の夏、尾道に暮らす周吉とその妻のとみが東京に旅行に出掛ける。東京に暮らす子供たちの家を久方振りに訪ねるのだ。しかし、長男の幸一も長女の志げも毎日仕事が忙しくて両親をかまってやれない。寂しい思いをする二人を慰めてくれたのが戦死した次男の妻の紀子だった。紀子はわざわざ仕事を休んで二人を東京名所の観光に連れて行く。

両親の世話に困った幸一と志げは、二人を熱海の旅館に宿泊させる。しかし、その旅館は安価な若者向きの旅館で、二人は騒々しさになかなか眠れない。翌日、熱海から帰って来た二人に対し、志げはいい顔をしない。居づらくなった二人は志げの家を後にする。周吉は在京の旧友と久方振りに再会し、酒を酌み交わす。とみは紀子の家に泊まる。ここでとみは、死んだ夫を忘れて再婚するように紀子に強く勧めるのだった。周吉は旧友に本音をぶちまけるほど泥酔する。深夜、泥酔状態のところをお巡りさんにとめられて、志げの家に帰ってきてしまう。そこで志げたちの顰蹙を買う。

二人は、子供たちからはあまり温かく接してもらえなかったが、それでも満足した表情を見せて尾道へ帰った。ところが、両親が帰郷して数日もしないうちに、とみが危篤状態であるとの電報が子供たちの元に届いた。子供たちが尾道の実家に到着した翌日の未明にとみは死去した。幸一と志げは悲しみつつも、さばさばした乾いた表情を見せる。

とみの葬儀が終わった後、志げは京子にとみの形見の品をよこすよう催促する。そして志げは、とみよりも周吉が先に死ぬのが望ましかったと主張する。幸一もそれに同調する。紀子以外の子供たちは、葬儀が終わると即座に帰って行った。京子は兄や姉に対し怒りを禁じえなかった。

紀子が東京に帰る前に、周吉は上京した際の紀子の優しさに感謝を表す。そして紀子に再婚を勧める。ここで紀子は初めて自分の苦悩を吐露する。独身を通す自分の将来の不安がぬぐえないことを打ち明けた。涙を流す孤独な紀子に、周吉は妻の形見の時計を与えた。愛する者を失った喪失感を共鳴できる存在は、紀子以外にいなかった。

演出 編集

ローアングルを多用しカメラを固定して人物を撮る、「小津調」と形容される独自の演出技法で家族を丁寧に描いている。家族という共同体が幻想でしかない悲し過ぎる現実を、独特の落ち着いた雰囲気でつづる。

出演者 編集

オマージュ 編集

リメイク 編集

2002年に、フジテレビ系列『FNS27時間テレビみんなのうた〜あの素晴らしい日本をもう一度〜』の番組内で、スペシャルドラマとしてリメイクされた。出演は、宇津井健八千草薫松たか子など。

その他 編集

  • 本作品は、ニューヨーク近代美術館に収蔵されている。
  • 本作品のマスター・ネガは現像所の火災により焼失している。現行の版はデュープ・ネガから複製したもので、この時代の作品の画質としてはあまり良くないのが現状である。
  • 文芸評論家・川本三郎の説では、小津は映画製作前後に永井荷風の日記『断腸亭日乗』を読んでおり、本作品の舞台設定に荷風の日記の影響が見られるとある。
  • 当初、三男のキャスティングは、小津と公私ともに親交があった佐田啓二を予定していた。しかし、スケジュールが合わず、大坂が演じることになった。大坂の役は大阪の国鉄職員であるが、台詞に出身地の秋田訛りが抜けず、リハーサルを何度も繰り返したという。ついに『俺は、大坂志郎だから大阪弁が得意だろうと思ってお前をつかったんだ。それなら秋田志郎と改名しろ』と小津に激怒され、大坂は号泣したという(『東京物語』DVDでの、斉藤武市の証言より)。大坂はその後の猛練習により、好演を見せている。
  • BBC「21世紀に残したい映画100本」に選出された。

外部リンク 編集

ca:Contes de Tòquio de:Die Reise nach Tokyoes:Cuentos de Tokio fr:Voyage à Tokyo he:סיפור טוקיו it:Viaggio a Tokyo nl:Tokyo Monogatari

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は東京物語にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki