FANDOM


松ヶ根乱射事件
監督 山下敦弘
製作 シグロ、ビターズ・エンド、バップ
脚本 向井康介
佐藤久美子
山下敦弘
出演者 新井浩文
山中崇
木村祐一
音楽 パスカルズ
主題歌 BOREDOMS
撮影 蔦井孝洋
配給 ビターズ・エンド
公開 2007年3月10日 Flag of Japan
上映時間 112分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
  


松ヶ根乱射事件』(まつがねらんしゃじけん)は、2006年日本映画

概要編集

山下敦弘の監督6作目の作品。1990年代前半の田舎の町を舞台にしている。主なロケ地は長野県富士見町

しばしば性描写が入るため、PG-12指定を受けている。

文化庁から支援を受けた。 テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

1990年代のとある寒冷地双子の兄弟がいる。兄は半端者で、上京したがすぐ戻ってきて、実家の牧場を怠けつつ手伝っている。弟は警察官として立派にやっている。

ひき逃げ事件があって弟が取り調べに行くと、被害者の女は検死中に生き返る。女が旅館に戻ってくると怪しげな男が待っている。2人がレストランで食事していると、双子の兄もそこで食事している。女は見覚えのある顔だと思って彼を見つめていた……。

キャスト編集

主人公。松ヶ根駐在所に勤務する警察官
光太郎の双子の兄。一度上京するも1ヶ月で戻り、実家の牧場を手伝っている。ある日、ひき逃げをし、被害者に脅される。
酒屋で働く青年。光太郎と同級生。
光太郎の姉。実家の牧場を継ぎ、夫とともに経営している。

テンプレート:ネタバレ終了

スタッフ編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は松ヶ根乱射事件にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki