FANDOM


柳生一族の陰謀』(やぎゅういちぞくのいんぼう)は1978年1月21日に公開された、深作欣二監督の日本映画

さらに同年10月3日から1979年6月26日まで関西テレビ放送発フジ系全国ネット全39話のテレビ版が放映された。(火曜22:00-22:55)

ストーリー編集

テンプレート:節stub  時は元和9年5月、2代将軍徳川秀忠死去。その夜、秀忠が眠る霊廟に、秀忠の死を不審に思う何者かの手の者が数名現れ、霊廟の中に眠る秀忠の遺体から胃袋を取り出して、その場から持ち去ろうとしていた。ところが、その行く手を3人の侍に塞がれ秀忠の胃袋を奪われる。その3人の侍は、柳生但馬守宗矩の子息・左門友矩又十郎宗冬、茜であった。

 そして柳生の屋敷にて、但馬守が胃袋を鑑定したところ秀忠は毒殺されていたことが判明する。秀忠は嫡男家光を廃嫡とし、家光の弟、忠長を次期将軍にする決意を固めたが、これを察知した松平伊豆守春日局が廃嫡前に先手を打って毒殺したのである。

 毒殺の事実の露見を防いだ但馬守がこの陰謀に加わり、秀忠の死の真相を家光に打ち明ける。廃嫡の言葉に動揺し、一度は父の意に従うとした家光に、但馬守は将軍位に就くよう説得する。この説得に家光も変心し、父の意に反して将軍になる覚悟を決め、但馬守らと一蓮托生となる。

 一方、父の死に疑念を持つ忠長は、秀忠の遺体を検めるべきだと家光に詰め寄る。しかし家光はこれを拒否し、忠長を駿府へ追い返す。両者の対立は決定的となり、忠長も対決姿勢を強めていく。

 但馬守らは家光を将軍位に就かせるべく、忠長を推戴する勢力や、将軍宣下を遅らせて幕府内の対立を煽り、混乱に乗じて王政復古を目指す公家らを次々と葬っていく。

映画版編集

スタッフ編集

 

キャスト編集


テレビドラマ版編集

スタッフ編集

 

キャスト編集

現実との相違編集

実際には秀忠の没年は寛永9年(1632年)だが、この映画では元和9年(1623年)にされている。

関連作品編集

番組の移り変わり 編集

テンプレート:前後番組

テンプレート:関西テレビ

テンプレート:Movie-stub テンプレート:Tv-stubfr:Le Samouraï et le Shogun

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は柳生一族の陰謀にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki