FANDOM


テンプレート:性的

横須賀男狩り 少女・悦楽』(よこすかおとこがり しょうじょ えつらく)は、1977年5月21日公開の日本映画。日活ロマンポルノの一作。

藤田敏八監督、大野かおり主演。日活製作・配給。カラー / ワイド / 77分。

脚本家那須真知子のデビュー作。日活シナリオコンクール応募作だったものに藤田敏八が手を加えた。基地の街・横須賀を舞台に、姉夫婦を襲って不幸に追いやった暴漢に対し、身を賭して復讐に挑む少女たちを描く。

姉の復讐に立ち上がる少女役の大野かおりと、それを手助けする友人役の中川ジュンは、いずれも新人。テレビの人気番組『日曜天国』でアシスタントを務めた黒田節子が、女優・折口亜矢名義で細身の裸体に腋毛まで晒し、夫の前で暴漢に犯される姉役を熱演している。情けないその夫を演じるのは矢崎滋

封切時の併映は『中山あい子「未亡人学校」より 濡れて泣く』(藤井克彦監督、宮下順子主演)。

スタッフ編集

キャスト編集

あらすじ編集

暗闇に電話のベルが鳴り続けるが、誰も出ない。八重子と光夫の夫婦は、家に侵入した男に出刃包丁と拳銃で脅されていた。おろおろするばかりの光夫の目の前で八重子は犯されてしまう。去り際に男は、八重子が自ら腰を使ったと言い残す。何も知らずに帰宅した八重子の妹・きっこは、2人の重苦しい様子から夫婦喧嘩でもしたのだろうと思った。

きっこが友人のミコと2人で街を歩いているとき、成人映画館に入っていく光夫の姿を見かけた。帰宅した光夫はやるせない気持ちをぶつけるように、いま見た映画の暴行シーンをまねて八重子に挑みかかるが、夫婦の間にはしらけた空気が漂う。

ディスコQに入り浸っていたきっことミコは、そこで米兵のジミーと知りあった。その夜、ミコが帰って来ないという知らせが入る。ミコはジミーに薬を飲まされホテルに連れ込まれたのだが、結局何も起こらなかった。ジミーは本当にミコを愛しているのだった。きっこの姉夫婦にも、ミコとジミーのカップルにも、平穏な日々が訪れたように見えた。

そんなある夜、ガラスの割れる音で目を覚ましたきっこ。またしても侵入したあの男が、光夫の前で八重子を犯していた。思わず声を上げてしまう八重子。ことが終わると、男は二度と来ないと言い残して立ち去った。姉夫婦には決定的な破局が訪れた。

きっこはディスコQに勤め始め、カウンターにはいつもどおりミコがいた。ミコの隣にひとりの男が座った。あの男だった。きっこの中で何かが弾けた。一計を案じたきっこは、ミコの手を借りて復讐に立ち上がる。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は横須賀男狩り 少女・悦楽にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki