FANDOM


テンプレート:Infobox animanga/Header テンプレート:Infobox animanga/Novel テンプレート:Infobox animanga/Movie テンプレート:Infobox animanga/Footer武蔵野夫人』(むさしのふじん)は大岡昇平の小説。戦後を代表するベストセラーである。

福田恒存は、世間でこの作品が評価される中、「失敗作だった」とする評論を書き、またその旨を大岡に葉書を送っているが、福田は同作品の舞台の脚色を担当した。

映画 編集

1951年には東宝で映画化された。溝口健二の失敗作という評価が一般的であったが近年再評価の動きがある。東宝からDVDが発売されている。

武蔵野夫人
200px
監督 溝口健二
製作 児井英生
脚本 依田義賢
出演者 田中絹代轟夕起子森雅之
音楽 早坂文雄
撮影 玉井正夫
配給 東宝
公開 1951年
上映時間 88分
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  


スタッフ 編集

キャスト 編集


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は武蔵野夫人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki