FANDOM


母べえ』(かあべえ)は、2008年1月26日(正月第2弾)公開の日本映画

ストーリー 編集

昭和15年、野上家では母親のことを「母べえ」父親のことを「父べえ」と呼んでいた。娘の初子と照美は、そのふたりの大きな愛に包まれて育ち、家庭には平穏があった。だが日中戦争の激化とともに国情は大いに変化し、文学者だった父は治安維持法の厳罰化に伴い同法違反の思想犯として投獄される。残された三人はそれでも父を信じ、そして彼女らの家を温かい目で見つめる人々が去来するのだった。

キャスト 編集

スタッフ 編集

ロケ地 編集

  • SKIPシティ
    1940年代の街並みを再現したオープンセットが埼玉県川口市上青木に造られた。
  • 横浜市立青葉台中学校
    30年前の学校として撮影された。エキストラとしてサッカー部、美術部も出演した。

備考 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Movie-stub

de:Kabei

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は母べえにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki