FANDOM


水の旅人 侍KIDS』(みずのたびびと さむらいキッズ)は、1993年に公開された日本映画。

あらすじ 編集

悟少年が出会った一寸法師のように小さな侍は、少名彦という水の精であった。悟は少名彦との生活で武士の心を学ぶ。少名彦は本来海へ旅立つところだったが、水質汚染がその体を蝕んでいた。ところが悟は少名彦の為に沢の清水を取ろうとして遭難する。悟の危機に少名彦は単身山へ向かう。

キャスト 編集

主なキャスト

その他

スタッフ 編集

特記事項 編集

  • 本作は監督の大林宣彦が師匠である本多猪四郎に捧げた特撮映画である。本多は1954年の『ゴジラ』の監督として知られるが、本多がゴジラの新作を演出する際には、大林が助監督をやるという話もあったという。作中にも悟少年の祖父の遺影として本多の肖像が使用されている。
  • 本作は末谷真澄の原作、脚本であるが、末谷による脚本の1996年の『モスラ』から始まる「平成モスラシリーズ」の原点というべき作品であり、妖精の助けで子供が一回り成長する点や自然の美しさをテーマにしている点に共通点がみられる。
  • 公開当時、フジテレビ系で宣伝された際、少名彦は一寸法師として宣伝されていた。
  • ウゴウゴルーガ』のウゴウゴ君とルーガちゃん、シュール君による番宣CMも放映された。
  • 公開前から、少名彦の姿に扮した映画関係者の数人が、フジテレビ系列で放送されたプロ野球試合の観覧席に、毎回観客に混ざって現れ、宣伝活動を行い、毎回その姿が映し出された。


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は水の旅人 侍KIDSにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki