FANDOM


水グモもんもん』(みずぐももんもん)は、宮崎駿三鷹の森ジブリ美術館用に製作した短編アニメーション映画2006年1月3日より公開。上映時間は約15分。

あらすじ編集

水ぐものもんもんはある日、アメンボのお嬢さんと出会い恋をする。好かれようと近づくが嫌がられてしまう。でも、もんもんはその後も近くで見ている。するとアメンボは魚に食べられそうになる。それをもんもんは助け、二人(匹)の間に恋が芽生えるという話である。この作品は、クモが嫌われていることをしった宮崎駿がくもを好きになるように作った話である。なので、この作品の主人公であるもんもんやその他の登場人物は、とても愛くるしく描かれている。それに特別なヴァイオリンによって奏でられるすばらしい音楽が加わり美しいものとなっている。

スタッフ編集

  • 原作・脚本・監督:宮崎駿
  • 演出アニメーター:田中敦子
  • 美術:渡邊洋一
  • 音楽:山瀬理桜
  • 製作:スタジオジブリ

キャスト編集

  • 矢野顕子

備考編集

関連項目編集

テンプレート:スタジオジブリ


テンプレート:Movie-stubfr:Monomon l'araignée d'eau nl:Mizugumo Monmon

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は水グモもんもんにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki