FANDOM


テンプレート:Otheruseslist海猫』(うみねこ)は谷村志穂が著した小説。これを原作とした映画が2004年に製作、公開されている。

小説編集

2002年出版。島清恋愛文学賞受賞。

文庫判 (2004年)
海猫 上巻 ISBN 4-10-113251-8
海猫 下巻 ISBN 4-10-113252-6
蒼い乳房 (2007年、ISBN 9784101132532
薫の中学生時代を描いた短編。

あらすじ編集

ロシア人とのハーフとして生まれた薫は、その美貌からさびしい幼少時代を過ごしていた。 漁村へ嫁入りし、周囲の目を気にしない生活を得て、娘を出産する。 しかし、夫が浮気をして不在になったとき、義弟と不倫をして次女を出産する。 夫と義弟の争いを止めようとして、薫は自殺する。

その18年後、成長した娘たちもそれぞれ愛に苦しむ。薫の母のロシア人との恋も描かれる。

映画編集

2004年に製作された日本映画森田芳光監督。上映時間129分。薫の自殺までを描いているため、映倫でR-15指定になった。

スタッフ編集

キャスト編集

受賞編集

外部リンク編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は海猫にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki