Wikia

映画ペディア

溝口健二

コメント0
3,269 件の記事が
このウィキにあります

溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、東京都出身の映画監督。女性を主人公に据えた情緒的な作品が多い。

来歴編集

1898年5月16日東京市浅草区に生まれる。

小学校卒業後、神戸又新日報社に図案係として勤務。1920年(大正9年)日活向島撮影所に入る。関東大震災後、同京都撮影所に移る。

1925年(大正14年)、恋人であり同棲中の雇女(別れた後、貧しさのため娼婦となる)に背中を剃刀で斬られる事件以来、以後女性をテーマにした作品に独特の感覚を発揮するようになる。

1932年(昭和7年)、日活を辞め入江たか子入江プロダクションで仕事をするようになり、『満蒙建国の黎明』、『瀧の白糸』が大ヒット。

1934年(昭和9年)、永田雅一第一映画に参加、のち松竹大映と移る。戦中戦後はスランプとなりヒットがなく引退が時間の問題といわれたが、客を呼べなくなった田中絹代を主役にするなと言う周りの声に耳を貸さず重用し続けた。1952年の『西鶴一代女』はヒットしなかったが、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を得て流れが変わる。1953年『雨月物語 』(銀獅子賞)、1954年『山椒大夫』(銀獅子賞)という3年連続の同映画祭での入賞は、日本国内では他に類を見ない功績である。

その後まもなく体調を崩し、1956年(昭和31年)、『赤線地帯』撮影後の8月24日白血病のため京都で死去。58歳没。同作が遺作となった。

ジャン=リュック・ゴダールをはじめ、フランソワ・トリュフォーエリック・ロメールベルナルド・ベルトルッチジャック・リヴェットピエル・パオロ・パゾリーニなどヌーベルヴァーグ世代のヨーロッパの映画作家に多大な影響を与えた。とりわけゴダールの溝口への傾倒ぶりは有名で、「好きな監督を3人挙げると?」との問いに「ミゾグチ、ミゾグチ、ミゾグチ」と答えたほどである。またゴダールは1966年、溝口の墓に参っている。

黒澤明小津安二郎木下惠介成瀬巳喜男らと並び称される日本映画の巨匠であり、没後50年に当たる2006年には、2003年の小津生誕100周年、2005年の成瀬生誕100周年同様DVD BOXのリリースや名画座などでの回顧特集が組まれ、改めて注目を浴びた。

おもなフィルモグラフィ編集

※1953年までの作品は著作権の保護期間が完全に終了(公開後50年と監督没後38年の両方を満たす)したことから幾つかの作品が現在激安DVDで発売中。

作風編集

  • 演技の流れをカット割りによって断ち切ってしまうことを嫌い、(特に後年の作品において)1カット数分に及ぶような長回しを多用した。結果として流麗かつ緊張感にあふれた演出を編み出し、右腕であったカメラマン宮川一夫の撮影とあわせて高評価を得た。
  • 上述通り女性を中心に据えた濃密なドラマの演出に才を見せる一方、歴史劇製作に際しての綿密な考証によっても知られる。『元禄忠臣蔵』撮影の際は実物大の松の廊下のセットを製作(建築監督として新藤兼人が参加)したり、『楊貴妃』では当時の中国唐代研究の最高峰である京都大学人文科学研究所に協力を依頼したり、宮内庁雅楽部の尽力により唐代の楽譜を音楽に活用するといった、妥協のない映画作りを展開している。また、日本画家甲斐庄楠音を時代風俗考証担当に抜擢した事でも知られる。
  • 役者に演技をつけずやり直しを命じ、悩んだ役者がどうすればいいのか訊いても「演技するのが役者の領分でしょう」といっさい助言などをしなかった。出演者に強い付加と緊張を強いる演出法ながら、「ちゃんと考えて、セットに入るときにその役の気持ちになっていれば、自然に動けるはずだ、と監督さんはおっしゃるんです。それは当然ですよね」という香川京子のコメント[1]などの好意的な評価も見られる。
  • 演出の際、俳優たちに「反射していますか」と口癖のように言って回った。これは「相手役の演技を受けて、自分の演技を相手に“はね返す”」といったような意味合いであったといわれる。長回し主体の溝口演出においては重要な点であった。
  • こうした一切の妥協を見せず俳優やスタッフを厳しく叱咤する演出法から、「ゴテ健」(ゴテるとは、不平や不満を言うこと)とあだ名された。
  • 『西鶴一代女』で家並みのセットを作ったところ、溝口がやってきて「下手の家並みを1間前に出せ」といった。それはほんのワンシーンのためのセットで映画の中でさほど重要ではない。助監督はやむなく嫌がる大道具のスタッフに頭を下げて徹夜で作り直させた。翌日、セットを見て監督が言うには「上手の家並みを1間下げろ」。つまり結局は元に戻せということであり、助監督は激怒して帰宅したと伝えられる。この言いがかりとも考えられる指示は、演出に行き詰っていたための時間稼ぎだったと言われる。
  • 宮川一夫(カメラマン)、依田義賢(脚本)、水谷浩(美術)、早坂文雄(音楽)といった類まれな才能を持ったスタッフが溝口組に参加していた。中でも水谷は日本では他のスタッフより知名度が低いが、反対にフランスでは水谷が一番有名。彼の手による溝口のデスマスクが、現在でも保管されている。

人物編集

  • 映画人との私的な交際はあまり見られなかったが、田中絹代とは公私にわたる親交を育んだ。田中との親交を物語るエピソードとして、幼時から「美人ではないが(演技力がある)」という冠詞をもって語られることの多い田中に、『お遊さま』撮影に際し「あなたを最も美しく撮ります」と語ったという話がある。また溝口は小津や新藤らに、田中への求婚の意志を漏らしたことがあった。
  • 田中とはその後、彼女が映画監督をやることになったことを記者から聞かされて「田中の頭では監督は出来ません」と答え、関係に距離が生じたとされている。ただしこのコメントには田中が自分の元から離れてしまうことへの嫉妬心があったともされる。なお田中は溝口没後、「他人だからという言葉では割り切れないものが、やっぱりわたしにはございますね」と語っている(『ある映画監督の生涯』)。
  • 女性に対する暴言も有名で、前述のように情婦を怒らせ斬られている。『祇園囃子』の際、若尾文子に対して決して名前を呼ばず「おい、子供」、『赤線地帯』の際には「顔の造作が悪い」と罵倒した。かつて入江ぷろだくしょんに雇われ、名匠と呼ばれるきっかけを作った恩人でもあった入江たか子に対してすら、『楊貴妃』の際「化け猫ばかりやってるからそんな芸格のない芝居しか出来ないのだ」と満座の中で罵倒している。また『雨月物語』の際、水戸光子に向かって、「あんたは輪姦された経験がないんですか!」 と言い放った。ただし田中には、上記のコメントを除いては常に紳士的な態度を崩さなかった。
  • 他に『わが恋は燃えぬ』の際、菅井一郎に向かって、「君は脳梅毒です!医者に診てもらいなさい!」と言い放ち、『山椒大夫』の際、子役に向かって「この子はどうしようもないバカだね!」と言い、すぐ近くにいた母親は真っ青になった。
  • 一方で『雨月物語』撮影中には、会心の演技を見せた森雅之が「誰かタバコをください」と言った時に、自ら率先してタバコを差し出し火を点けて労ったという話もある。これにはスタッフや森自身も大いに驚いたらしい。
  • 『西鶴一代女』をプロデュースした児井英生[2]によると溝口監督はわがままで、権威のある人には弱く、目下のものには横暴というタイプであるため役者からもスタッフからも嫌われていた。さらに映画で使われた道具を内緒で自分のものにしてしまったり、自分の生活費の一部を映画の製作費から支払わせていたということもあった。
  • ただし、溝口に崇拝の念を抱いている新藤兼人などは人格面でも一定の評価を下している。
  • 友人は少なかったが、幼馴染の川口松太郎花柳章太郎とは親交を長くもったという。
  • 成瀬巳喜男の『浮雲』が話題になっていたとき、当時の助監督の熱心な勧めによって鑑賞したが、その助監督に「成瀬には金玉が付いとるのですか」と感想を語ったことがある。両者の作風や人間性の違いを物語るエピソードである。
  • 日本映画史上初の女性監督は坂根田鶴子(さかねたづこ)で、彼女は戦前の溝口作品で助監督を務めていた。そして2人目は田中絹代であり、溝口は女性監督第1号と第2号に深く関わっていることになる。
  • 映画会社から新人だった宮川一夫を使うよう命令されて、溝口はひどく立腹するも、いざ仕事をするとその態度は豹変。他の監督の撮影が延期して宮川が溝口組に参加できなくなると、「僕たちの仲を裂くんですか!」と会社に抗議した。
  • 溝口は俳優の演技に興奮すると我を忘れて手をブルブル震わせる癖があり、その振動が横にあるカメラにまで伝わるほどだった。そこで高い場所など不安定な位置からの撮影時は、本番になると溝口と同じ体重分の鉄板をカメラの横に置いて、本人は別の場所に移動してもらっていた。本番もできるだけカメラと同じ位置で見ようと、梯子の上に座布団を乗せて馬乗り状態の溝口の写真が残っている。また溝口は最初、宮川一夫から手の震えを指摘されても全然本気にせず、ラッシュ(未編集の下見用フィルム)で目の当たりにして、「こんなに震えてるのかい?」と照れくさそうに笑って素直に認めたという。
  • 『赤線地帯』完成後、溝口は体調を崩して入院するが、依田の手による次回作『大阪物語』の脚本は既に完成していた。これは『西鶴一代女』に続く井原西鶴もので、スタッフが集められ撮影準備も整ったところでの入院となった。溝口は西鶴の人間味溢れるバイタリティを高く評価していたため、この作品の映画化にとりわけ執念を燃やしていた。見舞いに駆けつけた新藤兼人らに「ラストシーンの演出ができた」と語っていたほどが、願いむなしく間もなく没した。同作は吉村公三郎が監督を引き継いで完成させた。

関連項目 編集

テンプレート:Commonscat

参考文献 編集

社会思想社、1996年 ISBN 439011588X
田畑書店、2003年 ISBN 4803800294

編集

  1. 没後五十年特別企画「溝口健二の映画」カタログ「はじめての溝口健二」
  2. 児井英生『伝 日本映画の黄金時代』(文藝春秋、1989年 ISBN 4163430105)の記述を参照。

外部リンク 編集

テンプレート:先代次代


de:Mizoguchi Kenjieo:Mizoguchi Kenji es:Kenji Mizoguchi fi:Kenji Mizoguchi fr:Kenji Mizoguchi he:קנג'י מיזוגוצ'י id:Kenji Mizoguchi it:Kenji Mizoguchi ka:მიძოგუტი კენძი ko:미조구치 겐지 nl:Kenji Mizoguchi pl:Kenji Mizoguchi pt:Kenji Mizoguchi ru:Мидзогути, Кэндзи sv:Mizoguchi Kenji

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は溝口健二にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア