FANDOM


テンプレート:文学瀬戸内少年野球団』(せとうちしょうねんやきゅうだん)は、阿久悠による小説および、それを原作とした映画

原作編集

1979年度下半期の直木賞候補作品。

終戦後の淡路島における、野球少年らの青春の日々を描いている。

映画版「瀬戸内少年野球団」編集

1984年6月23日公開。爆笑問題太田光もエキストラとして出演していた。

映画第2弾「瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園」編集

1987年1月24日公開。前作の10年後が舞台になっている。

備考編集

  • 「四国旅マガジンGajA」2002年夏号によると、阿南市新野町の新野小学校の校庭などでロケが行われた。ロケに利用された同校の木造校舎は老朽化のため改築されたが、徳島新聞1993年2月26日記事によると惜しむ声も聞かれたという。
  • 映画は、現在「瀬戸内三部作メモリアル」というDVDボックスとして市販されている。



テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は瀬戸内少年野球団にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki