FANDOM


独立愚連隊
監督 岡本喜八
製作 田中友幸
脚本 岡本喜八
出演者 佐藤允雪村いづみ中丸忠雄
音楽 佐藤勝
撮影 逢沢譲
配給 東宝
公開 1959年10月6日
次作 独立愚連隊西へ
  


独立愚連隊どくりつぐれんたい)は1959年東宝製作した岡本喜八監督の戦争アクション映画。ヒットしてシリーズ化された。

概要編集

西部劇へのオマージュに溢れたこの作品はヒットし、監督脚本の岡本喜八、主演の佐藤允は、両人ともこれが出世作となった。戦中派の岡本監督が戦争の馬鹿馬鹿しさをテンポ良く表現している。

怪我によって現実感覚を失った大隊長を三船敏郎が怪演した事でも有名。

1960年には続編の『独立愚連隊西へ』が製作されたが、本作とストーリーの繋がりはない。東宝ではその後西部劇タッチの戦争アクション映画が量産され、独立愚連隊二部作のあとに、その流れを汲んだ岡本喜八監督の『どぶ鼠作戦』、谷口千吉監督の『やま猫作戦』など、いわゆる「作戦シリーズ」計4本が作られた。

スタッフ 編集

キャスト 編集

あらすじ 編集

昭和19年、北支戦線の将軍廟という町に荒木と名乗る従軍記者が現れた。彼は大久保という見習士官の死に興味を抱き、彼の最期の場所である独立第九○小哨を訪ねる。


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は独立愚連隊にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki