FANDOM


独立愚連隊西へ
監督 岡本喜八
製作 田中友幸
脚本 岡本喜八、関沢新一
出演者 加山雄三佐藤允フランキー堺
音楽 佐藤勝
配給 東宝
公開 1960年10月30日
上映時間 107分
前作 独立愚連隊
次作 どぶ鼠作戦
  


独立愚連隊西へ(どくりつぐれんたいにしへ)は日本の戦争映画。岡本喜八監督原案の独立愚連隊シリーズの2作目であるが、前作とのつながりはない。加山雄三の初主演作である。同時上映は、佐伯幸三監督の『唄祭ロマンス道中』(宝塚映画)。

概要・あらすじ 編集

前作の『独立愚連隊』同様、中国北部線戦を舞台に西部劇風な活劇とコメディの要素をまぶした喜八タッチといえる手法で、戦争と人間を描いた娯楽作。原作は蓮本修の「武器なき戦場」。前作での戦争の無意味さをあらわした多くの兵士が亡くなるという戦闘シーンに対する批判を受けて本作では、敵味方を含めて極力死者を出さないと方針で撮られた。そのためテーマ曲の明るさも含めて理想主義的ともいえる明るい戦争映画となった。だが、消えた軍旗捜索のためにだけに敵味方が争奪戦を繰り広げるという戦争の持つ愚かさを訴えていて、岡本喜八監督の代表作『肉弾』(1968年)に通じる戦争批判の精神は、底辺にはしっかりと流れている。 テンプレート:節stub

キャスト 編集

以下の順番は本編クレジットに準拠。



主題歌 編集

  • 独立愚連隊マーチ
  • イキな大尉


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は独立愚連隊西へにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki