FANDOM


テンプレート:文学獄門島』(ごくもんとう)は、横溝正史原作の長編推理小説、および、それを原作とした映画テレビドラマ作品である。1947年1月から1948年10月までの計17回、雑誌「宝石」に掲載された。2005年12月現在までに、映画2作品・テレビドラマ4作品が制作されている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

終戦から1年経った昭和21年9月下旬。金田一耕助は、引き揚げ船内で死んだ戦友・鬼頭千万太(きとう ちまた)の故郷、瀬戸内海に浮かぶ獄門島へと向かった。そこは封建的な古い因習の残る孤島で、島の漁師たちの元締めである鬼頭家の本家・本鬼頭と分家・分鬼頭が対立していた。金田一には、彼が息絶える前に残したある言葉が気に掛かって仕方がなかった。

「俺が生きて帰らなければ、3人の妹達が殺される…。」

金田一が島を訪れたその日を境に、その島で凄惨な連続殺人事件が次々と巻き起こり始める。

登場人物 編集

金田一耕助(きんだいちこうすけ)…私立探偵
磯川常次郎(いそかわつねじろう)…岡山県警警部
清水(しみず)…獄門島駐在巡査
鬼頭嘉右衛門(きとうかえもん)…鬼頭家前当主、故人
鬼頭与三松(きとうよさまつ)…鬼頭家当主、精神病を患っている
鬼頭小夜子(きとうさよこ)…与三松の妾、女役者、故人
鬼頭千万太(きとうちまた)…与三松の息子
鬼頭月代(きとうつきよ)…小夜子の長女、千万太の腹違いの妹
鬼頭雪枝(きとうゆきえ)…小夜子の次女、千万太の腹違いの妹
鬼頭花子(きとうはなこ)…小夜子の三女、千万太の腹違いの妹
鬼頭一(きとうひとし)…千万太の従兄弟
鬼頭早苗(きとうさなえ)…一の妹
お勝(おかつ)…嘉右衛門の妾
鬼頭儀兵衛(きとうぎへえ)…分鬼頭当主
鬼頭志保(きとうしほ)…儀兵衛の妻
鵜飼章三(うかいしょうぞう)…分鬼頭居候、復員軍人
荒木真喜平(あらきまきへい)…獄門島村長
了然(りょうねん)…千光寺和尚
了沢(りょうたく)…千光寺典座
村瀬幸庵(むらせこうあん)…漢方医
竹蔵(たけぞう)…潮つくり
清公(せいこう)…床屋

参考 編集

  • 鶯の身をさかさまに初音かな (宝井其角
  • むざんやな冑の下のきりぎりす(松尾芭蕉
  • 一つ家に遊女も寝たり萩と月 (松尾芭蕉)

解説 編集

この作品のヒロイン鬼頭早苗は、金田一耕助が生涯愛した女性の一人として知られる。

金田一は獄門島を離れる際、早苗に「島を出て一緒に東京へ行きませんか」とプロポーズとも取れる言葉を掛けている。しかし、早苗は島に残る決意を固めており、金田一は振られてしまうという結果に終わっている。

発表当初より高い評価を受けた本作は、後の本格推理派作家などに大きな影響を与えている。横溝作品の中でも「見立て殺人」ものとして高い人気がある。

また、この事件の謎を解くのに極めて重要な鍵として、俳句用語である「季違い」と、「気違い」の聞き間違いというものがあるが、最近のテレビ放送においては過度の自主規制が行われているため、下記の1970年代製作のドラマや映画が後年テレビ放送された際、「キチガイ」という音声が消されたり「ピー音」がかぶせられたりしてテンプレート:要出典、原作未読の視聴者にとっては何故金田一が謎を解けたのか、訳の分からない展開となってしまった事がある(DVD等ではオリジナルのまま収録されている)。近年のドラマ化作品では、謎解きを原作と異なる形にすることでキーワードが登場しないように改変されている。

2007年5月1日NHK-BS2衛星映画劇場」で市川崑監督作品が放送された際には、上記のような音声処理はまったく行なわれなかった。本編終了後、現代からすれば不適切な用語・表現等が含まれるが、作品のオリジナリティーを尊重してそのまま放送した旨の断りが表示された。

モデルとなった島は笠岡諸島最南端という設定から、六島と思われる。

『夜光怪人』での獄門島 編集

ジュブナイル『夜光怪人』でも、目的地であるとなりの島への経由地点として、獄門島は終盤何ページか登場(ただし読みは「ごくもんじま」)。瀬戸内海の島という地理関係、その昔海賊が跋扈していた地という設定も『獄門島』に準じたもので、島の駐在である清水巡査も再登場する。

この作品は、探偵役として『蝶々殺人事件』などで活躍する由利麟太郎が登場する作品だったが、ソノラマ文庫版および角川文庫版、角川スニーカー文庫版では山村正夫の手により、その部分が金田一耕助に書き換えられている。そのため、清水巡査が金田一のことを知らないという描写がなされており、また金田一の描写もろくに推理をせずピストルをぶっぱなすという風に、通常の作品とは大きくかけ離れている。

由利シリーズのジュブナイル作品は、1作ごとに世界観がリセットされるため、この作品も特に『獄門島』との整合性を考慮して執筆されてはいないようだ。

映像化リスト 編集

映画 編集

獄門島 獄門島・解明篇 (1949年公開、東横映画
監督:松田定次、脚本:比佐芳武
出演:片岡千恵蔵(金田一・嘉右衛門)、大友柳太朗(磯川警部)、三宅邦子(早苗)、千石規子(月代)、朝雲照代(雪枝)、谷間小百合(花子)、進藤英太郎(儀兵衛)、島田照夫(与三松)、月宮乙女(お志保)、沼田曜一(千万太)、斎藤達雄(了然)、大西三郎(了沢)、水原洋一(黒沼正平)、上代勇吉(竹蔵)、戸上城太郎(貝塚三吾)、沢村国太郎(幸庵)、高松錦之助(荒木村長)、椿三四郎(赤星善吉)、小杉勇(清水巡査)、喜多川千鶴(白木静子)、他。
  • この作品では、「獄門島」の読み仮名は「ごくもんじま」となっている。
獄門島 (1977年8月27日公開、東宝
監督:市川崑、脚本:久里子亭(日高真也+市川崑)
出演:石坂浩二(金田一)、加藤武(橘捜査主任)、大原麗子(早苗)、司葉子(勝野)、太地喜和子(巴)、ピーター(鵜飼)、浅野ゆう子(月代)、中村七枝子(雪枝)、一ノ瀬康子(花子)、草笛光子(お小夜)、内藤武敏(与三松)、武田洋和(千万太)、大滝秀治(儀兵衛)、上條恒彦(清水巡査)、松村達雄(幸庵)、稲葉義男(荒木村長)、小林昭二(竹蔵)、辻萬長(阪東刑事)、坂口良子(お七)、三木のり平(床屋の清十郎)、東野英治郎(嘉右衛門)、佐分利信(了然)、池田秀一(了沢)、荻野目慶子(少女時代の勝野)、三谷昇(復員服姿の男)、他。
  • この作品では、犯人を原作とは別の人物に変更している。

テレビドラマ 編集

横溝正史シリーズ『獄門島』全4回(1977年7月30日~8月20日、毎日放送
監督:斎藤光正、脚本:石松愛弘
出演:古谷一行(金田一)、有島一郎(磯川警部)、島村佳江(早苗)、梶原恵(月代)、立枝歩(雪枝)、萩奈穂美(花子)、滝沢修(嘉右衛門)、浜木綿子(お志保)、富田仲次郎(儀兵衛)、角野卓造(千万太)、仲谷昇(与三松)、葉山葉子(お小夜)、中村翫右衛門(了然)、河原崎国太郎(荒木村長)、金子信雄(幸庵)、三善英史(鵜飼)、江幡高志(竹蔵)、三遊亭若円遊(清公)、河原崎長一郎(清水巡査)、他。
  • この作品では「きちがいじゃが仕方がない」を「きがかわっているが仕方がない」という言い回しにして禁止用語を回避している。
男と女のミステリー 横溝正史サスペンス 獄門島 (1990年9月28日、フジテレビ
演出:福本義人、脚本:岸田理生
出演:片岡鶴太郎(金田一)、遥くらら(早苗)、牧瀬里穂(月代)、高橋由美子(雪枝)、持田真樹(花子)、岡田真澄(儀兵衛)、二宮さよ子(お志保)、渕野俊太(千万太)、フランキー堺(了然)、左右田一平(荒木村長)、今福将雄(幸庵)、尚舞(鵜飼)、坂西良太(竹蔵)、南野陽子(お小夜)、菅田俊(清水巡査)、潮健児(復員兵)、他。
月曜ドラマスペシャル 金田一耕助シリーズ『獄門島』(1997年5月5日、東京放送
演出:関本郁夫、脚本:和久田正明
出演:古谷一行(金田一)、秋吉久美子(早苗)、櫻井淳子(月代)、沢木蘭野(雪枝)、木内美穂(花子)、金田龍之介(嘉右衛門)、うえだ峻(与三松)、安藤一人(千万太)、絵沢萌子(お小夜)、宮下順子(志保)、名古屋章(了然)、織本順吉(幸庵)、北村総一朗(荒木村長)、丹古母鬼馬二(竹蔵)、藤木直人(鵜飼)、趙方豪(復員詐欺師)、光石研(清水巡査)、谷啓(河合警部)、他。
金田一耕助ファイルII『獄門島』(2003年10月26日、テレビ東京
演出:吉田啓一郎、脚本:西岡琢也
出演:上川隆也(金田一)、高島礼子(早苗)、三倉茉奈・佳奈(月代・雪枝・花子)、笑福亭松之助(嘉右衛門)、原田貴和子(志保)、神山繁(了然)、鶴田忍(荒木村長)、寺田農(幸庵)、川村陽介(鵜飼)、田村友里(お小夜)、金田明夫(清水巡査)、他。

関連項目 編集

テンプレート:Lit-stub


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は獄門島にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki